「スマホ専用トイレットペーパー」、成田空港に出現 その目的は?

NTTドコモが成田空港のトイレに「スマホ専用トイレットペーパー」を設置。訪日外国人に対するドコモ流の「おもてなし」といいますが、その真意とは――。

設置場所は到着ロビーのトイレ

 NTTドコモは2016年12月16日(金)、成田空港のトイレ7か所に、スマートフォン画面の汚れを拭くための「スマホ専用トイレットペーパー」を設置しました。

 訪日外国人向けWi-FiサービスなどをPRするためのもので、2017年3月15日(水)まで設置されます。NTTドコモは、日本のトイレが海外から「おもてなしの心を感じる」と高い評価を得ていることや、米HML研究所の「スマホの画面は手あかや皮脂が原因でトイレの便座より汚い」という研究結果に着目。今回、「ドコモ流のおもてなし」として実施するといいます。

161216 dokomopaper 01
Wi-Fiサービスなどの案内が印刷されている「スマホ専用トイレットペーパー」のイメージ(写真出典:NTTドコモ)。

 設置先はおもに空港ターミナル到着ロビーのトイレで、個室やハンドドライヤー横。トイレットペーパーには、NTTドコモが提供するWi-Fiサービスやトラベルガイド、翻訳サービスの案内が印刷されます。

 NTTドコモは、「より快適な旅行を楽しむことができるためのおもてなしを、訪日外国人が日本に訪れて最初に落ち着く場所の1つでもある成田空港到着ロビーのトイレから提供いたします」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これは何?ウンコしながらスマホ拭けって?
    便座より汚いとか言いながらウンコまみれにさせるとかどういうセンスなの?