SA・PAのWi-Fi、大幅改善へ 利用制限廃止、アカウント共通化

NEXCOの3社が、高速道路のSA、PAにおいて、2017年3月1日から新しい公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを順次提供。現行のサービスと比べ、利便性が向上します。

2017年3月1日から順次提供開始

 NEXCO東日本とNEXCO中日本、NEXCO西日本は2017年1月18日(水)、高速道路のSA、PAで提供している無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを刷新し、利便性を向上させると発表しました。

170118 nxcsapawifi 01
Wi-Fiサービスの提供箇所に貼られているステッカー(画像出典:NEXCO中日本)。

 現在は各社ごとにアカウントを取得する必要があり、さらに利用も1日3回、1回15分までの制限がありますが、新たなサービスは1回の登録でNEXCO 3社共通の利用が可能になり、利用時間と回数の制限も廃止されます。

 また、利用画面もこれまでは日本語と英語のみでしたが、新たに中国語(簡体字、繁体字)と韓国語にも対応します。

 新サービスの提供は3月1日から順次始まり、同月末までに全箇所で切り換わる予定。SSIDは「NEXCO_FREE_Wi-Fi」です。新サービスを初めて利用する際は、アカウントの登録が必要。IDは携帯メールアドレスか、携帯電話番号を使用します。アカウントの有効期限は登録後90日間です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. キャリアメールか携帯電話からの音声通話での登録が必要になるのは、利便性向上どころか改悪だと思います。
    訪日外国人や格安SIM、PC・タブレットなどを使っている方にとってはNEXCOのWi-Fiを使うハードルがかなり高くなったのでは。