井川線、2年半ぶり全線開通 アプト式機関車3重連や復刻色企画も 大井川鐵道

井川線の全線運転再開にあわせ、2017年3月18日、大井川鐵道が記念イベントを開催。電気機関車3重連による運転やディーゼル機関車の復刻色導入などを企画しています。

3月11日に運転再開、3月18日に開通式典

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2017年2月28日(火)、井川線・接岨峡(せっそきょう)温泉~井川間10.0kmの運転再開にあわせ、3月18日(土)に開通式典や記念イベントを開催すると発表しました。

 2014年9月2日、閑蔵駅(静岡市)の南およそ600m付近で土砂崩れが発生してるのを巡回中の係員が発見。同日から接岨峡温泉~井川間が不通になりました。大井川鐵道によると、復旧作業は二次災害も想定されたことから慎重に進められ、開通までに約2年半を要することになったといいます。運転再開は式典1週間前の3月11日(土)です。この日、井川線の千頭~井川間全線が復活します。

170302 ooiikawasen 01
ディーゼル機関車「DD206」復刻色のイメージ(画像:大井川鐵道)。

 3月18日(土)午前9時30分から、井川線の始発駅である千頭駅(静岡県川根本町)では出発セレモニーを開催。同駅10時19分発の記念列車には、SBSテレビ(静岡放送)の情報番組「イブアイしずおか」に出演しているシンガーソングライター、朝倉さやさんが特別車掌として乗務します。この列車を牽引(けんいん)するディーゼル機関車は「DD206」で、1990年代初頭までの塗色がこの日にあわせて復刻されます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント