ANA、日本の航空会社で初導入の超大型機エアバスA380、「空飛ぶウミガメ」に

ANAが日本の航空会社として初めて導入し、2019年春に東京~ホノルル線で運航を開始する予定の超大型旅客機エアバスA380型機。それを記念する特別塗装機のデザインと愛称が発表されました。

ハワイのイメージは「竜宮城」

 ANA全日空)が日本の航空会社として初めて導入し、2019年春に東京~ホノルル線で運航を開始する予定の超大型客機エアバスA380型機。それを記念した機体デザインコンテストの大賞が2017年3月6日(月)、発表されました。

A380の特別塗装機「FLYNG HONU」のモデルプレーンを手に持つ増岡さん(右から3人目)。右から2人目がANAの篠辺社長(2017年3月6日、恵 知仁撮影)。

 世界中から寄せられた2197作品より大賞に選ばれたのは、「ウミガメの家族」をコンセプトに「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」を描いた、東京都の増岡千啓(ますおかちひろ)さんの作品。この特別塗装が施されたA380型機、愛称「FLYNG HONU」が2019年春より東京~ホノルル線で運航される予定です。

「早く実際にペイントされた機体を見て、『でっかいカメ』を実感できたらと思います」(大賞の増岡千啓さん)

 大賞に選ばれた増岡さんにとって、ハワイのイメージは青い空、青い海、まるで「竜宮城」のようなところといい、シュノーケリングでウミガメを見たことが一番大きなハワイの思い出とのこと。そこから今回、「竜宮城」へ連れて行ってくれる「カメ」を、ホノルル線へ就航するA380型機にデザインしたといいます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 機体の太さが巧く活きた素晴らしいデザイン。
    早く実機で見たい!!
    マリンジャンボと並ぶのを見たかったな…

  2. で、復路に持たされる“たまて箱”は何だろう?
    日本に帰ってきたらシワだらけ白髪頭だったなんてオチはあるまいな!?

  3. この機体は外国のエアラインで既に成田に来ています。
    私はエミレーツのこの機体に乗った事が有ります。
    一階がエコノミー、二階がビジネスでした。
    この機体は内部に階段が無く行き来は出来ませんでした。
    私は二階席を利用しましたが、飛行中はとても静かでした。