高速道路のトンネル入口が斜めになっているワケ 渋滞にも効果あり?

高速道路のトンネルには、入口が垂直ではなく斜めになっているものがあります。比較的新しい高速道路で特に多く見られますが、なぜそのような形になっているのでしょうか。

結果的には渋滞対策に効果?

 新東名高速では、トンネルの入口が垂直ではなく斜めになっているものが多く見受けられます。

170421 tunnelslant 01
新東名高速の今里トンネル(静岡県裾野市)は入口も出口も斜めになっている。写真はトンネル完成後で未舗装の状態(画像:大林組)。

 何か意味があるのでしょうか。NEXCO中日本に聞きました。

――トンネルの入口が斜めになっているものがありますが、どうしてですか?

 ドライバーがトンネルに入る際に感じる圧迫感をなくすためです。垂直なトンネル断面よりも広く、ゆるやかな形に見せています。

――圧迫感をなくすことでどんな効果がありますか?

 トンネルに入る際に圧迫感を感じることで、ドライバーは減速しがちです。それを抑える効果があります。渋滞対策として斜めにしているわけではありませんが、結果的にその効果が得られているでしょう。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170421 tunnelslant 02
  • Thumbnail 170421 tunnelslant 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 世の中に良い事でしたら、世界平和になりますように75歳