戦闘機がミサイル撃ち放題? アーセナル・プレーンで現実はゲームに追いつくのか

戦闘機のミサイルを撃ち放題にする「アーセナル・プレーン」というコンセプトがあります。高度にネットワーク化した現代の空戦を、またひとつ進化させるかもしれません。

サッカーチームと同じ「アーセナル」を名乗る飛行機

 アメリカ軍は、近い将来の実用化を目指した新しい軍用機のコンセプト「アーセナル・プレーン」の開発を計画しています。

 アーセナル・プレーン計画は2016年2月、アメリカ国防総省によって公表されました。その名の「プレーン」とは飛行機の意ですが、一方の「アーセナル(Arsenal)」は、サッカーファン以外では日常生活においてまず耳にすることがない、なじみの薄い英単語です。

 強豪として知られるイギリスのサッカーチーム「アーセナルFC」の名は、もともと王立兵器廠(ロイヤル・アーセナル)の労働者らによるサッカーチームとして創設されたことに由来するそうですが、アーセナル・プレーンもまた「空中の兵器工場・弾薬庫」と呼べる航空機となることが見込まれています。

170615 arsenal 01
「アーセナル・プレーン」コンセプトにおける想像図。大量のミサイル・誘導爆弾を搭載し滞空、ネットワークを通じて自由に友軍が射撃する(画像:アメリカ国防総省)。

 実のところアーセナル・プレーンは、新しい軍用機とはいっても見た目上は何も目新しくありません。ひどく単純に言ってしまえば、アーセナル・プレーンとは「大きい飛行機にたくさんのミサイルを積み込む」ただそれだけであり、実際に既存のボーイング777やC-17輸送機、B-52戦略爆撃機、C-130輸送機が原型となるのではないかと推測されます。とはいえその搭載量は「アーセナル」の名にふさわしく、大型機を原型とするならば空対空ミサイル・空対地ミサイルを50から100発ほど携行することを見込みます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170615 arsenal 03
  • Thumbnail 170615 arsenal 01
  • Thumbnail 170615 arsenal 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 90年代後期、巡航ミサイル等大量のミサイルを撃つだけ、誘導は他艦任せのアーセナルシップという構想がありましたが。しかしこれは一機やられたら対空ミサイル全滅というダメな構想。

    • 一応そのコンセプトはズムウォルト級として実現したけどね