F-16、いつまで生産? 工場変更、コストに見合わない引っ越しのワケ

F-16の生産ラインが、19機ぶんの受注を残し、これまでのフォートワース工場から別の工場へ移転するといいます。コストにはまるで見合わない引っ越しには、どのような意図があるのでしょうか。

フォートワースのF-16生産ラインが閉鎖へ

 ロッキード・マーチンは、同社の戦闘機製造拠点であるフォートワース工場(テキサス州)におけるF-16「ファイティングファルコン」戦闘機の生産ラインを、閉鎖することに決定しました。

170914 f16 01
1974年初飛行したF-16のプロトタイプ、YF-16(画像:ロッキード・マーチン)。

 ロッキード・マーチン(開発当時ジェネラル・ダイナミクス)は1974(昭和49)年に最初のプロトタイプYF-16を製造して以降、実に40年にわたってF-16のラインを維持しており、F-16総生産数4500機のうちほとんどをフォートワース工場において製造してきました。

 そして2017年中にイラク空軍向けとなる最後の機体を引き渡し、フォートワース工場の生産ラインはその歴史に幕を閉じる予定となっています。

 ところがF-16の生産自体はまだバーレーン空軍向けに19機の残受注があり、またロッキード・マーチンはインド空軍に対して最新鋭のF-16「ブロック70」のセールスを行っています。さらにそのほかの中小国の空軍に対してもF-16の潜在的な需要があると見込んでいるようです。

 もしF-16ブロック70がこれらの国に採用されたならば、100機以上受注数を増やす可能性も十分に考えられます。

 そのため、F-16の生産ラインはフォートワース工場からグリーンビル工場(サウスカロライナ州)へ移される予定であり、少なくとも19機はグリーンビル工場で製造される予定となっています。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170914 f16 04
  • Thumbnail 170914 f16 01
  • Thumbnail 170914 f16 02
  • Thumbnail 170914 f16 03

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. うーむ、4500機超か。そりゃあ安くなるわけだ。しかし今更改良型をって、ステルスなんか要らない中小国にとっては安ければよいから、案外売れる、かなあ。まあT-Xに関してはそもそも韓国と手を組んだのが間違い(つい最近まで国産練習機の機上酸素発生機すら自国企業での整備が不可能だった)だし、見かけ戦闘機なら他にもありそうだから。まあ、どうでもよいか。