銀座線「萬世橋駅」「神宮前駅」をライトアップ 18日間限定 東京メトロ

神宮前駅は約30mの範囲でライトアップ

 神宮前駅は1938(昭和13)年11月に「青山六丁目」駅として開業。翌1939(昭和14)11月に「神宮前」駅へと改称されました。1972(昭和47)年には、千代田線・明治神宮前駅の開業を受け、現在の「表参道」駅に改称。そして1976(昭和51)年、ホームを180mほど浅草方面に移設し、1978(昭和53)年に開業した半蔵門線と同じホームとなりました。遺された旧ホームは現在、資材置き場として活用されています。

Large 171128 metrolightup 02
「神宮前」駅のライトアップイメージ(画像:東京メトロ)。

 ライトアップは表参道駅から渋谷方面におよそ5m進んだ地点で約30mにわたり行われます。なお、並走する半蔵門線からは見ることはできません。

 東京メトロは「地下鉄開通90年の歴史が詰まった銀座線幻の駅のライトアップの様子をお楽しみください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 萬世橋駅復活希望!
    まあ無理か。。。
    電気街に近いし、秋葉原駅にも近いので便利だと思うんですけど。

  2. 萬世橋驛って、國鐵の御茶ノ水駅と神田駅の間にもあったようですけど、銀座線の萬世橋との関係はどうなっていたのでしょうか⁇
    銀座線の神宮前驛って地上だとどの位置になるのでしょうか? 青山通りのどの辺⁇
    明治通りの方に近いのかなぁ⁇
    地上から見た地図上の位置が知りたい!

  3. 京成電鉄も後追いでこういう企画やらないのかな、(旧)博物館動物園・(旧)寛永寺、両駅のライトアップ。ぜひお願いしたい。