乗ったら終点、駅ふたつしかない鉄道なぜ誕生? 東西2社、共通点は「トンネル」

駅ふたつだけ、ほぼ全線が長~いトンネルの私鉄 関西に

 関西に存在する、起点と終点のふた駅間しかない鉄道会社は、1988(昭和63)年に開業した新神戸~谷上間の北神線を営業する北神急行電鉄(神戸市北区)です。起点の新神戸駅では山陽新幹線と神戸市営地下鉄西神・山手線に、終点の谷上駅では神戸電鉄有馬線に接続しています。

Large 171204 2ekikan 02
神戸市営地下鉄西神・山手線内の駅に停車中の北神急行電鉄7000系電車(2010年2月、恵 知仁撮影)。

 北神線は営業距離こそ7.5kmと芝山鉄道より長いものの、そのうち実に約7.3kmを北神トンネルが占めます。なぜここだけを1社で運営しているのか、話を聞きました。

――途中駅はつくらないのでしょうか?

 トンネルの途中に駅をつくるのは現実的ではありませんので、新設の予定はありません。ちなみに、新神戸駅は神戸市交通局の駅(神戸交通振興が受託管理)ですが、谷上駅は親会社である神戸電鉄との共同使用駅です。谷上駅ではイベントなどを行うこともあります。

――どのような人が利用されるのでしょうか?

 全列車が神戸市営地下鉄西神・山手線に直通しており、主に神戸電鉄有馬線、三田線沿線から神戸市街地への通勤・通学に利用されています。また、土休日を中心に神戸市街地や新神戸駅から当社線経由で有馬温泉へ向かう方も多く、近年は外国人のお客様も増えています。

――どのような経緯で誕生したのでしょうか?

 高度経済成長期に、神戸電鉄や現在のJR福知山線沿線である神戸市北部、三田市にかけての人口増加が予想されたことから、神戸電鉄における輸送力増強策の一環として北神トンネルが建設されました。その運営主体として、神戸電鉄やその関連会社である阪急電鉄、地元経済界の出資で誕生したのが当社です。

※ ※ ※

 たとえば谷上駅から、神戸電鉄のターミナルである新開地駅を経て三宮へ向かう場合は、30分から40分程度かかりますが、北神線と神戸市営地下鉄西神・山手線経由ならばおよそ10分で直通します。六甲山地で隔てられた神戸電鉄沿線と神戸市街地を短絡するため建設された約7.3kmの北神トンネルは当時、私鉄最長の山岳トンネルでした。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

11件のコメント

  1. 名古屋市営地下鉄、上飯田線は800メートルしかなく、駅も平安通と上飯田しかありません、これはどうなのでしょうか?

    • 名鉄小牧線と市営名城線の連絡、上飯田駅発着のバスの混雑緩和のための路線。

    • そういう意味じゃないと思う

  2. 芝山鉄道の写真なんかちがくない

    • 写真をよく見たら「芝山鉄道」って書いてある。
      芝山鉄道線にはめったに乗り入れないだけ。

  3. 玄関開けたら2分でご飯?なんか人生のような路線ですね

  4. 成田空港を巡る土地問題は闇が深い

  5. 東武大師線?

  6. なんか題名に問題があると思う。
    直通であるのに「乗ったら終点」というのは違和感。

    本当に乗ったら終点で駅が二つしかないのは、既に書かれている東武大師線とか、
    上野動物園内のモノレールとかそうしたものだと思う

    また、文も「~だそうです」と伝聞であり、稚拙だなと

  7. 柴山鉄道はJR線と共用する「成田空港駅」から京成線・成田スカイアクセス線を延伸する形を取れば路線網が複雑にならずにすんだのに。早く匝瑳市(そうさし)方面に延伸して銚子方面のアクセス改善と銚子電鉄との連携による観光産業の育成につながればいいけど・・・。

  8. 京王線の競馬場線や動物園線もありまっせ