いすゞ「ピアッツア」(初代) ジウジアーロ×いすゞの1台、かっこよさのワケ

大型車のイメージで見られて久しいいすゞですが、かつては実に欧州テイストあふれるコンパクトカーを世に送り出していました。そのうちの1台が「ピアッツア」です。どんなクルマだったのでしょうか。

「かっこいい」とはこういうことだ

 懐かしいモデルの話をしていると、「いま、見ても、かっこいい」という言葉がよく言い交されます。このいすゞ「ピアッツァ」は、その代表格ともいえるモデルではないでしょうか。

Large 180115 piazza 01
1981年発売の初代「ピアッツア」。駆動方式はFRのみ(画像:いすゞ)。

 1981(昭和56)年に発売された「ピアッツァ」は、イタリアの自動車デザイナー、巨匠ジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたハッチバック・モデルです。アルファ ロメオ「ジュリア・クーペ」や、フォルクスワーゲン「ゴルフ」を生み出したその手で描く、当時の国産車とはひと味違ったシュッとしたスタイリングは、その頃のクルマ好き青年たちにかなり刺さりました。

Large 180115 piazza 02
1968年発売のいすゞ「117クーペ」。「ピアッツア」に先立つこと13年、こちらもジウジアーロによるデザイン(画像:いすゞ)。

 さらに、ジウジアーロは1968(昭和43)年にいすゞ「117クーペ」をデザインしているため、往年のいすゞファンにも「これがいすゞだよ!」感が強いモデルとなったようです。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

いすゞ ピアッツァの中古車情報

U00024132554 001l

排気量
1800cc~2000cc
価格帯
29.0万円~228.9万円

中古車情報を見る

いすゞ 117クーペの中古車情報

Uz0024248627 003l

排気量
1800cc~20000cc
価格帯
77.7万円~480.0万円

中古車情報を見る

いすゞ ジェミニの中古車情報

U00020713356 003l

排気量
1500cc~1800cc
価格帯
19.0万円~132.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180115 piazza 06
  • Thumbnail 180115 piazza 01
  • Thumbnail 180115 piazza 02
  • Thumbnail 180115 piazza 03
  • Thumbnail 180115 piazza 04
  • Thumbnail 180115 piazza 05

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 懐かしい型式JR120、独立サスでもない何ら変化の無い駆動系のFR車、それでも車の価値を販売台数で評価してはならない事を教えてくれた車でした。
    いすゞの乗用車は先陣をきってディーゼルを搭載するなど発想は積極的でしたが時代の煽りには勝てませんでしたね
    一時期いすゞ車を生産する町の最寄り駅ではいすゞ車のタクシーが大半を占めて走る時代もありましたね

  2. 乗る機会はなかったけど117クーペ好きでした(特に最終年の角4灯)

  3. 自分もいつの日か、いすゞの旧車に乗りたいと夢見てます!
    ピアッツァ、ジェミニ、ベレG、117クーペの復刻版発売してくれませんかね!