「東京オートサロン」の変遷とは 改造車の祭典はどのように市民権を獲得してきたのか

第36回を数えた「東京オートサロン2018」に、もはやかつてのような、どこかアングラな雰囲気は感じられません。同イベントはどのようにして、現在の地位を獲得するにいたったのでしょうか。

「モーターショー」越え? 「東京オートサロン2018」

 今年(2018年)で36回目を迎えた「東京オートサロン」は、出展者422社、展示車両880台と過去最大の規模となり、日本初の本格コレクタブル・カー公開オークションを開催するといった新たな試みもありつつ、1月14日(日)に無事閉幕しました。

Large 180126 tas 01
「東京オートサロン2018」は1月12日から14日の3日間にわたり幕張メッセにて開催された(画像:東京オートサロン実行委員会)。

 オートサロン事務局が発表した来場者数は、会期の3日間合計で31万9030人(1日目は報道関係者と特別招待者および、特別入場券〈前売り3000円/当日3500円、以下チケット価格はすべて税込〉の入場者)。1日当たりの平均は10万6343人となります。昨年10月に開催された「東京モーターショー」と比較すると、「モーターショー」は11日間で77万1200人、1日平均7万109人と「オートサロン」のほうが大幅に上回っています。また、注目すべきは「プレビューデー」の来場者数です。

「モーターショー」も「オートサロン」も一般公開に先駆けた金曜日にその日を設定しています。入場料3500円(当日)も一緒です。そしてこの日の来場者数は「東京モーターショー」が2万3100人に対し、「東京オートサロン」が7万8352人となりました。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180126 tas 01
  • Thumbnail 180126 tas 02
  • Thumbnail 180126 tas 03
  • Thumbnail 180126 tas 04
  • Thumbnail 180126 tas 07
  • Thumbnail 180126 tas 06
  • Thumbnail 180126 tas 05
  • Thumbnail 180126 tas 08
  • Thumbnail 180126 tas 09
  • Thumbnail 180126 tas 10
  • Thumbnail 180126 tas 11

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 改造車の人気は根強い事までが分かった