「東京オートサロン」の変遷とは 改造車の祭典はどのように市民権を獲得してきたのか

市民権を獲得したきっかけとは?

 1990年代前半はバブル崩壊もあり、その後は方向性が異なるRVやアウトドアブームの陰で少し元気がなかった「オートサロン」でしたが、1995(平成7)年にカスタムカーにとって革命的ともいえる出来事が起きました。道路運送車両法の「規制緩和」です。

 それまではアングラな雰囲気もあった「オートサロン」ですが、1990年代半ば以降、急速に認知度が上がるきっかけとなったのもこれです。自動車部品、用品を取り付けるうえでの法規制がかなり緩やかになり、保安基準に抵触しない一定範囲において全長±3cm、全幅±2cm、全高±4cm、そして重量は±50kgまでの範囲であれば届け出が不要となりました。ビス止めなど車体に穴をあけるような恒久的な取り付け方でなければ、エアロパーツなどの外装パーツもそのまま車検OK。ローダウンもスポーツマフラーもOKとなり、これ以降、自動車メーカーもカスタムパーツやコンプリートカーの製作に積極的に取り組むようになりました。

Large 180126 tas 09
1995年の「東京オートサロン」で発表されたR33型「スカイライン GT-R」(画像:日産)。

 そして1995年開催の「オートサロン」では、日産「スカイライン GT-R(R33)」の新車発表が会場で行われ、これ以降、オートサロンの会場が自動車メーカーのスポーツモデルやモータースポーツ参戦計画などの発表に使われる機会も年々増えていくのです。つまり、自動車メーカーからも認知されるイベントになったということですね。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180126 tas 01
  • Thumbnail 180126 tas 02
  • Thumbnail 180126 tas 03
  • Thumbnail 180126 tas 04
  • Thumbnail 180126 tas 07
  • Thumbnail 180126 tas 06
  • Thumbnail 180126 tas 05
  • Thumbnail 180126 tas 08
  • Thumbnail 180126 tas 09
  • Thumbnail 180126 tas 10
  • Thumbnail 180126 tas 11

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 改造車の人気は根強い事までが分かった