【試乗】ホンダ「フリード モデューロX」 開発者が語るその原点は初代「NSX」?(写真19枚)

ホンダ「フリード」のラインアップに「モデューロX」が加わりました。どのように評価されるクルマなのでしょうか、試乗してみました。またその目指したところのものを、ホンダアクセスの開発者に聞きました。

標準モデルとなにが違う? 「フリード モデューロX」

 昨年(2017年)の暮れの12月15日、ホンダから「フリード モデューロX」が発売されました。これはコンパクト・ミニバンであるフリードをホンダアクセスがカスタマイズしたもの。カスタマイズといえば、クルマを購入した後にユーザーが行うものというのが、一般的なイメージかもしれませんが、「フリード モデューロX」の場合は、自動車メーカーであるホンダおよびホンダアクセス自身がカスタムしたモデルとなります。

Large 180201 freedmx 01
2017年12月15日発売のホンダ「フリード モデューロX」(2018年1月25日、佐藤正勝撮影)。

 ちなみにカスタムといっても、その内容は、まさにピンからキリまで。ほんのちょっと外観を変えるだけのカスタムもありますし、見た目どころか内容まで、ほとんど変えてしまうこともあります。また最近の軽自動車やミニバンでは、新車のときからルックスを変更したカスタム・バージョンが用意され、標準車とセットで販売されるケースも増えています。そういう意味でホンダの「フリード モデューロX」は、いったいどの程度のカスタムなのでしょうか。

Large 180201 freedmx 02
ホンダ「フリード」(右)と「同 モデューロX」(2018年1月25日、佐藤正勝撮影)。

 まず製造に関して言えば、「フリード モデューロX」は標準車と同じようにベルトコンベアーに乗って生産されます。これにはふたつの意味があります。ひとつは製品のクオリティが標準車と同じと考えていいということ。そしてもうひとつは、安くできるということ。たとえば同じカスタムでも、できあがった標準車からカスタムを行うと、バンパーなどもともと装着されていた部品がゴミになってしまいます。わざわざ交換する部品を装着する手間も無駄。つまり、それだけコストがかかります。一方、最初から標準車と同じように生産すると決まっていれば、無駄な部品も工賃もかかりません。ここのコストダウンは製品の質に関係ありませんから、ユーザーには大きなメリットになります。

ホンダ フリードの中古車情報

Uz0025767389 001l

排気量
0cc~1500cc
価格帯
6.0万円~313.9万円

中古車情報を見る

ホンダ フリードハイブリッドの中古車情報

Uz0025766894 001l

排気量
1500cc
価格帯
49.8万円~278.9万円

中古車情報を見る

ホンダ フリード+の中古車情報

Uz0025762963 001l

排気量
1500cc
価格帯
158.0万円~426.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(19枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180201 freedmx 15
  • Thumbnail 180201 freedmx 16
  • Thumbnail 180201 freedmx 17
  • Thumbnail 180201 freedmx 18
  • Thumbnail 180201 freedmx 19
  • Thumbnail 180201 freedmx 01
  • Thumbnail 180201 freedmx 02
  • Thumbnail 180201 freedmx 03
  • Thumbnail 180201 freedmx 04
  • Thumbnail 180201 freedmx 05
  • Thumbnail 180201 freedmx 06
  • Thumbnail 180201 freedmx 07
  • Thumbnail 180201 freedmx 08
  • Thumbnail 180201 freedmx 09
  • Thumbnail 180201 freedmx 10
  • Thumbnail 180201 freedmx 11
  • Thumbnail 180201 freedmx 12
  • Thumbnail 180201 freedmx 13
  • Thumbnail 180201 freedmx 14

関連記事

最新記事

コメント