「ファントムII」は死なず 退役間近、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン堕としているワケ

ファントム下克上、もうひとつのワケ

 さらに、このF-4によるF-15撃墜にはもうひとつのカラクリがあります。

 2018年現在、実戦部隊に配備されているF-4はすべて「F-4EJ改」という性能向上型であり、レーダーは初期型F-16のレーダーと同型であるAN/APG-66Jに載せ替えられています。そのほかの電子機器も一新、機体外部に搭載する電波妨害装置はこれもまたF-16にも搭載されることがあるAN/ALQ-131です。

 一方でF-15は、近代改修を受け現代型戦闘機と同等のF-15MJと、1980年代の導入からほとんど性能向上を受けていないF-15SJの2タイプに分けられます。そしてF-4に負けることが珍しくないF-15とはF-15SJであるようです。

 現代戦闘機は、電子機器とコンピューターソフトウェアに優れていたほうが勝利者となります。F-4EJ改はF-4といえども中身はほぼ初期型のF-16です。そしてF-15SJも初期型のままですから、F-16(相当) vs F-15であると考えると、F-4側が戦術の差で勝利できることがあってもおかしいことではないのかもしれません。

180208 f4 02
2018年2月現在、航空自衛隊のF-4EJ改はすべて茨城県の航空自衛隊百里基地に配備されている(画像:航空自衛隊)。

 近代化改修でF-4もF-15相当になれるのですから、この際、退役なんてさせずにもう一度電子機器を再近代化した「F-4EJスーパー改」を開発し、あと40年は現役を続けてほしいと思うのは筆者だけでしょうか。

 ただF-4は構造上の寿命からかなり腐食が進行している機体も少なくないようであり、実現の目は無さそうです。残念。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180208 f4 03
  • Thumbnail 180208 f4 01
  • Thumbnail 180208 f4 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. F-4部隊のパイロットは一番若いパイロットでも1500時間以上飛んでいる、F-15といえどTRパイロットが駆る機体とACMすればアッという間にKILLをCALLされる、BVRでの戦闘なら15に部があるがIRミサイルやGUNを使ったACMならパイロットの腕がものを言う

  2. 「筆者だけでしょうか」←YES

  3. かつて空自のF-104Jが米軍のF-15をキルしたり、
    F-1支援戦闘機が米軍のF-15やF-16をキルしたこともあったそうです。

    いつの時代も旧式機を駆る猛者が新型機を見事に撃墜、というストーリーには男の魂を震わせるものがありますね。

  4. 米軍と空自の件は練度の差があることは最初から言われているのだが。
    米軍は新鋭機で演習に来るのが若手で空自が迎え撃つのがベテラン揃いといわれている。

  5. 機体の劣化はいたるところに歪みがでてるらしく、カバーを外したりしたら取り付けるときネジ穴の位置が合わないそんな機体と整備班は悪戦苦闘しているらしい。凄いGに今まで耐えてきたのだから仕方ない。

  6. 堕とす、ではBLになりかねません。墜とす、ではないでしょうか。航空機は門外漢なので、自分が間違えてたらごめんなさい