「ファントムII」は死なず 退役間近、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン堕としているワケ

【写真】見敵必撮! 偵察機仕様の空自F-4

Large 180208 f4 03
百里基地の第501飛行隊に配備されている、航空自衛隊の偵察機仕様RF-4EJ。偵察任務には、火山噴火や津波など被災地への派遣も含まれる(画像:航空自衛隊)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180208 f4 03
  • Thumbnail 180208 f4 01
  • Thumbnail 180208 f4 02

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

関連記事

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. F-4部隊のパイロットは一番若いパイロットでも1500時間以上飛んでいる、F-15といえどTRパイロットが駆る機体とACMすればアッという間にKILLをCALLされる、BVRでの戦闘なら15に部があるがIRミサイルやGUNを使ったACMならパイロットの腕がものを言う

  2. 「筆者だけでしょうか」←YES

  3. かつて空自のF-104Jが米軍のF-15をキルしたり、
    F-1支援戦闘機が米軍のF-15やF-16をキルしたこともあったそうです。

    いつの時代も旧式機を駆る猛者が新型機を見事に撃墜、というストーリーには男の魂を震わせるものがありますね。

  4. 米軍と空自の件は練度の差があることは最初から言われているのだが。
    米軍は新鋭機で演習に来るのが若手で空自が迎え撃つのがベテラン揃いといわれている。

  5. 機体の劣化はいたるところに歪みがでてるらしく、カバーを外したりしたら取り付けるときネジ穴の位置が合わないそんな機体と整備班は悪戦苦闘しているらしい。凄いGに今まで耐えてきたのだから仕方ない。

  6. 堕とす、ではBLになりかねません。墜とす、ではないでしょうか。航空機は門外漢なので、自分が間違えてたらごめんなさい

    • ごもっとも

  7. カン&クリコンビだからでしょ

  8. F-4がまだ飛んでいた事が嬉しかった
    子供だったからEかEJか憶えていないけれど、初めて買ったプラモの戦闘機が日本のF-4
    格好良かった。(周りでの人気はF15やF14)

  9. >退役なんてさせずにもう一度電子機器を再近代化した「F-4EJスーパー改」を開発

    AMARGでモスボール保管されているF-4を全機引き取って「F-4EJスーパー改」を開発
    することは、可能だぞ!
    今なら未だ100機近く新古状態で保存してあるはずだ。
    攻撃兵装もF-4改修機なら、今更野党に気を使わず最新式攻撃兵装がフルスペック装備
    可能だろう。
    機体の中身は「スーパーホーネット」相当でどうだろう?

  10. 私は、那覇でFー4のドッグで整備してましたが、電子機器は、いくら最新でも、機体内は、腐食、クラックでボロボロでした。整備性も悪く、何度徹夜でやった事か?特に戦兢前は、地獄でした。

  11. さんちゃん様の言う通り。
    人間で例えると定年過ぎたおじいちゃんですよ。
    何でもかんでも自衛隊を褒め称えるのはいかがなものかと。
    デザインや過去の栄光では国は守れません。
    筆者の好みではなく、冷静な評価をしてください。
    某国だって機材更新とパイロットの練度は上がってますよ。
    15はバンバン落とされる可能性ありってことでいいのですね?