「ファントムII」は死なず 退役間近、空自F-4EJ改がF-15Jをバンバン堕としているワケ

きっかけはF-35?

 なぜ、いまF-15を撃墜するといった「下剋上」を成せるF-4のパイロットが増えているのでしょうか。その秘密はF-4が退役間近であるという事情に関係しているようです。

 航空自衛隊ではすでにF-35の導入を開始しています。数がそろい実働体制に入るにはもう数年必要となる見込みです。逆を言えばF-35がそろうまでの猶予がF-4に残された現役期間となるわけですが、もう先が長くない機種であるため、新人パイロットのF-4への機種転換は不要であり、行っていないといいます。

 本来は組織の構成員が年にひとつずつ平均年齢を加算してゆく状況は避けなくてはなりませんが、F-4の飛行隊ではベテランらが新人を育成する負担から解放され戦術研究に集中できるため、全体の練度を底上げしているそうです。

 また私見ですが、F-4は複座戦闘機であり通常はベテランと新人がペアを組み経験を積ませるところ、現在は前後席ともにベテランであるという点もF-4の戦闘能力向上のひとつとなっているのではないでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180208 f4 03
  • Thumbnail 180208 f4 01
  • Thumbnail 180208 f4 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. F-4部隊のパイロットは一番若いパイロットでも1500時間以上飛んでいる、F-15といえどTRパイロットが駆る機体とACMすればアッという間にKILLをCALLされる、BVRでの戦闘なら15に部があるがIRミサイルやGUNを使ったACMならパイロットの腕がものを言う

  2. 「筆者だけでしょうか」←YES

  3. かつて空自のF-104Jが米軍のF-15をキルしたり、
    F-1支援戦闘機が米軍のF-15やF-16をキルしたこともあったそうです。

    いつの時代も旧式機を駆る猛者が新型機を見事に撃墜、というストーリーには男の魂を震わせるものがありますね。

  4. 米軍と空自の件は練度の差があることは最初から言われているのだが。
    米軍は新鋭機で演習に来るのが若手で空自が迎え撃つのがベテラン揃いといわれている。

  5. 機体の劣化はいたるところに歪みがでてるらしく、カバーを外したりしたら取り付けるときネジ穴の位置が合わないそんな機体と整備班は悪戦苦闘しているらしい。凄いGに今まで耐えてきたのだから仕方ない。

  6. 堕とす、ではBLになりかねません。墜とす、ではないでしょうか。航空機は門外漢なので、自分が間違えてたらごめんなさい