高速SA・PA、駐車マスが足りない! 大型車用は全国的に不足傾向 マナー違反も一因

高速道路のSA・PAで設備やサービスが充実するなか、一部のエリアでは駐車マス不足が顕在化しています。単に利用台数が増えたことが原因ではなく、利用者マナーも影響を与えているとのこと。どう対策するのでしょうか。

大型車、小型車で異なる傾向も

 高速道路のSA・PAは近年、設備やサービスなどが充実し、マスコミなどでもたびたび取り上げられていますが、一方で駐車マス不足も顕在化しているようです。

Large 180402 chushamasu 01
混雑する高速道路SAのイメージ(画像:pixta)。

 NEXCO西日本は管内の全SA・PAについて駐車場の利用実態調査を進めており、2018年3月までに約180か所で完了しています。その結果、大型車については平日夜間を中心に70%以上のSA・PAで、小型車については休日昼間を中心に50%以上で駐車マスが不足しており、慢性的な混雑が確認されたといいます。原因と対策を同社に聞きました。

――駐車マスが不足している場所の傾向や、原因はどのようなものでしょうか?

 大型車については、仮眠や時間調整のため長時間駐車される方が増えている点が挙げられます。物流業界で運行管理が厳格化していることから、SAやPAへの立ち寄り回数も増えており、特に名神高速や山陽道など、東西方向の広域的な物流を担う道路で、時間帯によって駐車マスが不足している傾向です。

 小型車については、はっきりとした原因は分析できていないものの、大型車と同様に立ち寄り回数は増えています。たとえば四国や九州南部、西部など、どちらかといえば観光需要の高い場所を中心に不足傾向が見られます。

――単に利用台数が増えたために起きているのでしょうか?

 台数が増えていることもありますが、それだけではありません。たとえば、大型車の駐車マスに小型車が停まっているために、大型車が停められない、あるいはその逆のケースもあり、ご利用マナーに起因する駐車マス不足も起こっています。

 2017年1月から11月にかけて、当社のお客様センターやSA・PAのインフォメーションなどに寄せられたマナーに関するお問い合わせで最も多い項目は、「SA・PAでの指定駐車マス外への駐車」でした。なかでも「大型車マスに小型車が駐車」しているために大型車が駐車できなかったというご意見が最も多くなっています。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180402 chushamasu 03
  • Thumbnail 180402 chushamasu 01
  • Thumbnail 180402 chushamasu 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 鉄は追々?場所は追々?受け皿乏しく商い(戦)に先走った結果だろ

  2. 夜中のSAとか、大型トラックがびっしり駐車してアイドリングしてる
    そのことを余程問題にすべき
    環境負担はいかほどかと思う

    • SAにおける冷蔵冷凍車の外部電源設備もなかなか進まないよね
      本来はこちらから着手すりゃいいとも思うけどね
      一応はエンジンを切っても運転台の空調を保つシステムもあるけど、実はこいつがそこそに重くて積載量を削ってまで装備するか否か?の分かれ目だそうでして
      またディーゼルエンジンは一定負荷をかけないと冷却水の温度は下がる一方だから暖気運転に使うシステムをドライバーの睡眠時に応用するシステムがあるようだけど?これまた燃料の無駄使い
      現状では積んでる荷によっては夜中のアイドリングは無くならないでしょう

    • 野党やマスコミが問題にしてるの見たことないね
      トラックの排ガスは大幅にマシになったといはいえ、SAの近隣は夜中じゅう排ガスまみれになってるし、燃料を盛大に無駄にしているのにね