消えるトンネルの「オレンジ色」 近年は照明の色に変化、なぜあの色だったのか?

トンネルをクルマで走っていると、オレンジ色の照明をよく見かけますが、近年は数を減らしているそうです。なぜあの色だったのでしょうか。

オレンジ色が採用されたワケ

 高速道路などのトンネルでは、オレンジ色の照明を目にします。屋内ではあまりなじみのない色ですが、なぜトンネルではあの色が採用されているのでしょうか。

170626 orangelamp 01
トンネル内のオレンジ色の照明には「低圧ナトリウムランプ」が使われている(画像:photolibrary)。

 NEXCO中日本は、「オレンジ色の光は、ちりや排気ガスなどの影響を受けにくいため」と説明します。照明灯具は「低圧ナトリウムランプ」という、ガラス管にナトリウムの蒸気を封入したもので、トンネル内の照明として採用されたのは昭和30年代からだそうです。

 一方で、オレンジ色の照明のなかでは、赤色のものが黒っぽく見えてしまうデメリットも。そのため消火栓は蛍光色の赤色で塗装され、赤色に見えるように工夫されているそうです。ちなみに自然光のなかでは「蛍光色が際だった赤色に見えます」とのことです。

 長年、目にすることの多かったあのオレンジ色ですが、じつは近年、数を減らしています。というのも現在、トンネル内の照明は、発光色が白い「高効率(Hf)蛍光ランプ」を標準としているためです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170626 orangelamp 02
  • Thumbnail 170626 orangelamp 01

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. やはりこちらも効率か?環境努力を怠った国は自らが排気したスモッグで視界が霞んで事故する落ちがあったけど?しかし実は効率優れた灯りは照すことに関しては確かに明るいんだけど場所によってはに視にくい欠点もあるのよ、

    • 本文ちゃんと読んでますか? 従来の低圧ナトリウムランプにあった赤色のものが黒っぽく見えてしまうデメリット(欠点)が高効率(Hf)蛍光ランプやLEDランプの自然光に近い特徴によって改善されてますよね?
      そもそもトンネルの照明の話をしている記事で排気不良による事故の話を持ち出すのは論点のすり替えだと思います。

    • まったく面目無い!指摘有り難う

    • 別にいいんじゃないの?関係者か?

  2. うちの近所の短いトンネルもLEDになって明るくなりました。
    これくらい明るいと昼間での点灯必要か?なんて思ってしまいます。
    一応点灯していますが。

    おまけで以前からの疑問をここで聞いてみたいのですが、
    トンネル内って視界50m/200m(高速)あっても、点灯義務はあるんですよね?
    (道路交通法施行令第19条、わかりにくい~)

    • 安全が確認されれば改正されるでしょう、また自分はトンネルに入る手前で少しだけ目を慣らす意味で目を瞬きより長く閉じます、歳のせいか西陽を受けてトンネルな入ると恐ろしいくらい瞬間に視界がが閉ざされてしまうもんで、車も23年目の老骨でハロゲン発光にて新しいトンネルの灯りは助かりますよ

  3. ところで、LEDのヘッドライトって妙に眩しすぎる事もあるけれど、トンネルの照明をLEDに代えたとして、暗順応対策は?

    • トンネルLED照明、昼と夜で明るさ変えているように感じます。
      夜間もまぶしくはないので。

  4. 最も下手にオレンジにするよりは明るくした方が安全だ。
    ついでに、時間帯によって照明の強さも変えておくと良いかもしれん。

  5. >NEXCO中日本は、「オレンジ色の光は、ちりや排気ガスなどの影響を受けにくいため」と説明します。

    それならオレンジ色のLEDランプを開発するべきだったと思うが、本当に白色で良いのか?

    • 煙による散乱は波長の4乗逆比例で増えるらしいので、Naランプに対して白色光は2倍以上散乱が多い=煙が倍になったのと同等ってことになりそうです。
      通常はいいのでしょうが、火災時いいのか?と思えます。
      電球色特性とかが良くない?と思いました。
      なんらかの検証はした上で白色光になっているんだろうとは思いますが・・・・

    • 確かに、フォグランプとかは黄色系統だし。非常時には非常照明に切り替わるのかな?