「リバティ」初、船橋発着で日光へ! 運行1周年記念ツアー開催 東武

東武鉄道が「500系リバティ運行開始1周年記念ツアー」を開催します。「リバティ」として初めて船橋駅を発着。臨時貸切列車で東武日光駅を目指します。

SL「大樹」乗車や日光観光などが可能

 東武鉄道が、500系特急形電車「リバティ」の運行開始1周年を記念し、同列車が初めて船橋駅(千葉県船橋市)を発着する日帰りツアー「500系リバティ運行開始1周年記念ツアー」を開催します。

Large 180425 toburevatytour 01
浅草駅で開催された運行開始1周年記念イベント。6両編成の「リバティ」と、南会津町の伝統行事である会津田島祇園祭の「花嫁行列」が登場(2018年4月21日、草町義和撮影)。

 出発日は2018年5月26日(土)。野田線(東武アーバンパークライン)の船橋駅と、日光線の東武日光駅(栃木県日光市)のあいだを貸切の「リバティ」で往復します。

 途中は下今市駅に停車。帰りまでの約3時間は自由行動で、SL「大樹」の乗車や日光東照宮の観光などが可能です(SL座席指定券代や拝観料などは各自別途負担)。

 行きの船橋~春日部間では、「リバティ」の自動放送を担当したホリプロ所属のアナウンサー、久野知美さんが「生放送」を担当。また、船橋~下今市間では東武商事による「リバティ」グッズの車内販売も行われます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180425 toburevatytour 02
  • Thumbnail 180425 toburevatytour 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. リバティなら個人的にはりょうもうを船橋始発にしたいが、野田市駅と高柳駅の島式2面4線化が先だと思います。
    後は春日部駅の高架化なども必要だと思います。