日本本土初空襲はどこの国から? 「人道爆撃」を成功させたB-10

日本が被った「空襲」といえば、太平洋戦争中に実施された米国の苛烈な航空爆撃が連想されますが、本土を初めて空襲したのは、実は米国ではありません。2018年は、その「本土初空襲」から80年にあたります。

80年前、戦っていた相手といえば…?

 今年2018年5月20日(日)、日本本土初空襲が行われてから80年になります。

Large 180508 b10 01
マーチン(現ロッキード・マーチン)が開発したB-10爆撃機。中華民国のほか、オランダやアルゼンチンなど各国へ輸出された(画像:アメリカ空軍)。

 私たち日本人が「戦争」をイメージする場合、多くの人はまず「空襲」を思い浮かべることでしょう。しかし、この80年前の本土初空襲の事実はほとんど知られていないようです。80年前の1938(昭和13)年というと1939(昭和14)年の第二次世界大戦や1941(昭和16)年の太平洋戦争勃発前です。いったい誰が太平洋戦争前の日本を空襲したのでしょうか。

 意外に思われるかもしれませんがその正体は中国(中華民国)空軍のB-10双発爆撃機2機でした。徐 煥升大尉を隊長とするB-10および12人の飛行士たちは5月19日深夜に浙江省寧波を離陸、ラジオ局の電波を利用した航法で夜間飛行し、熊本、佐賀、佐世保、福岡など九州北部のいくつかの都市に対して未明の空襲を実行。そして2機とも翌朝には無事帰還に成功しています。

 この空襲による日本側の被害は皆無でした。なぜならば2機のB-10が本土の都市部に投下したものは爆弾ではなく、100万枚にも及ぶ日本軍を非難したチラシと照明弾であったからです。しかし、中国側にとってはそれで十分でした。この作戦の発案に自ら携わった中国国民政府の蒋介石にとっては、首都南京を占領され、また徐州会戦に敗北した報復のためにも「日本本土を空襲した」という既成事実だけが必要だったためです。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180508 b10 05
  • Thumbnail 180508 b10 01
  • Thumbnail 180508 b10 02
  • Thumbnail 180508 b10 03
  • Thumbnail 180508 b10 04

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この作戦は宮崎駿が雑想ノートで描いてる。
    マーチンB-10は図鑑に戦闘機より速い爆撃機と紹介されてた。