空自、空中給油機を調達の背景 それでも足りない? 現代航空戦で見直されるその価値

航空自衛隊は2020年代に向け空中給油機の追加導入を決めていますが、しかしその数は圧倒的に足りません。このままではせっかく導入したF-35も宝の持ち腐れに。そこには、現代の航空戦のありかたが色濃く表れています。

見直すべき空中給油機の価値

 2018年現在、航空自衛隊はボーイング767を原型とする空中給油機KC-767を4機保有しています。また同じくボーイング767を原型とするKC-46をさらに3機導入することを決めており2020年代には合計で7機を保有することになります。この7機はローテーションで計画整備を行うため、実際に同時に運用可能な機数は恐らく5機程度となるはずです。

Large 180511 ref 01
航空自衛隊のKC-767(中央右上)とF-15J(画像:航空自衛隊)。

 この5機という数字は、航空自衛隊が保有する練習機型も含めた戦闘機およそ340機を支援するにはあまりにも少なく、戦闘機保有数あたりの空中給油機保有数は先進国でも最低クラスです。このままでは本格的な侵略が合った場合、深刻な空中給油機不足によって戦闘機が能力を発揮できない事態に陥ることが考えられます。特に性能を減じてしまうであろう機種が最新鋭のF-35であり、せっかくのF-35の高性能が宝の持ち腐れになりかねない状況にあります。

 なぜ空中給油機が少ないとF-35は性能を発揮できなくなってしまうのでしょうか。それは現代型戦闘機の任務が長時間化している事実にあります。

 映画などフィクションではまず出撃前にブリーフィングが行われ、パイロットらを集めて作戦の目的や護衛対象であったり破壊対象であったりを説明した上で出撃する、というような描写がよくあります。ところが現在のアメリカ軍やその同盟国における実際の航空作戦では、こうしたブリーフィングはかなり簡素化されており、せいぜい気象など飛行に最低限必要な情報だけが伝達され、作戦目標自体を定めないまま発進することがほとんどです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180511 ref 04
  • Thumbnail 180511 ref 01
  • Thumbnail 180511 ref 02
  • Thumbnail 180511 ref 03

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. バーンと12機くらいボーイング787発注するか、思いきってMRJを24機くらい発注して空中給油機に改造すれば良いと思う

  2. この人はただの軍オタなんですかね。イギリスのリビア空爆は、本国からの移動の際、フランスとスペインが上空通過を許可しなかったから大西洋~ジブラルタル経由で遠距離飛行したのが原因です。自衛隊のように自国の防空識別圏を出ることがない専守防衛と比べられても全く条件が違いすぎる。
    空中給油機は、上記のような遠距離の侵攻や空母発艦時の機体重量を軽くするために利用することが主な使われ方です。アメリカの言う「俺ら無しでは誰も何もできない(Nobody Kicks Ass Without Tanker Gas)」とはこうした海外などの遠隔地での作戦を指して言っていることであり、日本には当てはまりません。
    さらにいうなれば、本土上空が戦闘区域となる可能性がある日本では、空中給油機に対して護衛機をつける必要があり、そのような余分な航空機は自衛隊は現状ないと考えられます。