さよなら79歳のSL「ポニー」 地球を35周走ったC56形160号機、本線から引退(写真24枚)

日本各地を走ったC56形160号機

●C56形蒸気機関車160号機
1939(昭和14)年製造(C56形自体は1935〈昭和10〉年から製造)。以下は走行場所と時期の概略。

~1942年:北海道地方
~1943年:中国地方
~1945年:北陸地方
~1953年:中国地方
~1954年:九州地方
~1965年:関東地方
~1972年:甲信越地方
~1972年:能登地方
~現在:梅小路機関区(梅小路運転区)

1995(平成7)年から「SL北びわこ号」などとして走行。そして2018(平成30)年5月27日(日)に本線運転を終了し、今後は京都鉄道博物館で「SLスチーム号」として走る予定。

●京都鉄道博物館
2016年4月にグランドオープン。蒸気機関車から新幹線まで、国内最多の53両を収蔵・展示。本物の蒸気機関車がけん引する「SLスチーム号」を運行。日本の大都市圏で、本物のSLを毎日運行している施設はここだけ。累計入館者数は約250万人(2016年4月29日~2018年4月28日)。

●「SLスチーム号」
京都鉄道博物館内を走るSL列車の名称。2両のトロッコ風客車をSLがけん引し、往復1kmを走る。現在、使用されているSLはC61形2号機(昭和23年製)、C62形2号機(昭和23年製)、8620形8630号機(大正3年製)。

【了】

この記事の画像をもっと見る(24枚)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

コメント