しなの鉄道、新型車両26編成を導入へ まず「有料ライナー」用から

しなの鉄道が、115系に代わる新型車両の概要を発表。26編成のうち3編成は有料ライナー用車両として、座席の向きを変えられるタイプを導入する計画です。

115系電車を置き換え

 しなの鉄道は2018年5月31日(木)、老朽化が進む115系電車の置き換えとして、2019年度から2026年度にかけて新型車両を導入すると発表しました。

Large 180531 snssustina 01
総合車両製作所の「sustina」を採用したJR東日本のE129系電車(2016年5月、草町義和撮影)。

 現在、しなの鉄道はJR東日本から譲渡された国鉄型電車の115系22編成(59両)を保有。1978(昭和53)年に製造された車両が多く、また、すべての車両は製造から約40年が経過しているといいます。同社によると近年は故障件数が増加。さらにJRでの115系の廃車が相次ぎ、部品調達が困難化していることから、早期の車両更新が必要としています。

 導入を計画している新型車両は、JR東日本グループの鉄道車両メーカー、総合車両製作所(J-TREC)の「sustina(サスティナ)」モデルを採用します。共通プラットフォームによる設計費の低減や、他社での運用実績があり初期不良のリスクが低減できるなどのメリットがあります。

 車体は軽量ステンレス鋼。車いすスペースや車いす対応洋式トイレ、自動制御式冷暖房、乗客がボタンを操作して開閉できるドアなどを導入。駅ホームと車両の段差は、現行115系の305mmから、新型車両は210mmに減ります。かさ上げされた箇所では、ほぼフラットといいます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180531 snssustina 02
  • Thumbnail 180531 snssustina 03
  • Thumbnail 180531 snssustina 01

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. ライナーを入れるなら全て転換クロスの方が良いが。
    そうすれば楽に座るし、ライナー運用にも使えるからな。

  2. あいの風とやま鉄道の場合は新車はすべて転換クロスにして、有料のあいの風ライナー運用にも入れて全く問題ないってのに。
    JR東が転換クロスの運用実績がないもんだから車両設計上、転換クロスの導入に及び腰と言えば説明はつくが…

    • いやむしろ説明つかないようなw
      なぜあいの風と同じにしなきゃいけないのかが良く解らないですね

    • 別に転換クロスに拘らなくても。現115系3両を新車2両編成で置き換えなんで、ロングに転換して立ち席定員増やせる様にしておきたいんでしょ。

  3. クロスもロングも座れる人数同じなのにめんどくさい機構を入れるんだね。
    ずっとクロスのままでいいじゃない。
    関西圏の混雑でも終日クロスでいけてるんだから、しなの鉄道界隈なら混雑を過去なすることもないでしょうに。

  4. 新車大量導入とはよくそんな金あったなと思ったら、購入は全額補助か
    中古車だと補助金出ないから新車ということなのかな

    • 神戸電鉄ですら新車導入に補助金活用する時代だからなぁ…

    • 全額ではないよ。

      > 国としなの鉄道が3分の1ずつ、

      あとは地元自治体(株主?)。

  5. ついでに碓氷登板機能も付けりゃええのに

  6. 信越本線(篠ノ井~長野間)乗り入れ止めれば転換クロス入れたりとか遊べるんでしょうけどね。
    (距離短いのに関西空港線に近い輸送密度の区間なので三セクの短編成ではいかんとも…)

    それ以前に転換クロスの同じ車両でライナー運用にも入れるというやり方は中央西線の今は亡き313系セントラルライナーという前例があるので難しいかと。
    (待てば無料で同じ座席に座れるなら余計なお金は払わないでしょ?)

    ちなみに、折り返しで乗客が転換クロスでバタンバタンとやるのが気に障るのは西と東の感性の差でしょうか…。

    • 京急は自動化してたような。

  7. なんだよりによってまたJRと同じにしちゃうなんて 完全に維持は委託してもらっている様なもんだから仕方ないのか 確かに今は鋼製よりステンレスだがもっと感受性に感化してほしいもんだ