『トップガン2』主役機か? F/A-18E/F「スーパーホーネット」がある意味最強のワケ

【写真】似てるけど別モノ、F/A-18A「ホーネット」

Large 180608 fa18ef 04

拡大画像

F/A-18A「ホーネット」。「スーパーホーネット」と異なり、エアインテークの形状が丸っこい(画像:アメリカ海軍)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 fa18ef 04
  • Thumbnail 180608 fa18ef 01
  • Thumbnail 180608 fa18ef 02
  • Thumbnail 180608 fa18ef 03

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 言わんとしていることはわかるけどスパホが今のNAVYにとって最適かどうかの話ではなく、映画としての見栄えはどうなの?って話なので内容の主旨そのものがかなりトンチンカン。

  2. EF64 1000番台とか、ED76 500番台みたいな大人の事情ですかw
    国鉄は労組対策だったけど。
    米軍だと、古くはF-86Dも議会対策だったようで。