「ななつ星」の専用ラウンジ「金星」が初めて一般営業 車内スイーツなどを提供 JR九州

JR九州が、豪華寝台列車「ななつ星in九州」の専用ラウンジ「金星」を一般向けに期間限定でオープン。「金星カフェ&ストア」として、スイーツ、ドリンクの提供や、グッズ販売を行います。

9日間のみの期間限定

 JR九州は2018年6月26日(火)、博多駅にある豪華寝台列車「ななつ星in九州」の専用ラウンジ「金星」を、期間限定で一般向けにオープンすると発表しました。

Large 180626 jrqkinseicafe 01

拡大画像

普段は「ななつ星in九州」の乗客が使用している専用ラウンジ「金星」(画像:JR九州)。

 専用ラウンジ「金星」は、「ななつ星」と同様、工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザイン。JR九州によると、名前は「ご乗車のお客さまが最初に集う特別な場所であることから、夜空に輝く一番星(宵の明星)『金星』と名づけられました」といいます。

 普段、この「金星」は「ななつ星」の乗客専用ですが、今回は、同列車の車両検査のタイミングにあわせて、初めて一般向けに「金星カフェ&ストア」としてオープンします。

 場所は博多駅3階の「博多シティ3階改札口」横。営業日時は6月29日(金)から7月7日(土)までの9日間、各日11時から16時半までです。ただし7月2日(月)から5日(木)まではカフェ営業はせず、ストアとしてグッズ販売のみ行います。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180626 jrqkinseicafe 05
  • Thumbnail 180626 jrqkinseicafe 01
  • Thumbnail 180626 jrqkinseicafe 02
  • Thumbnail 180626 jrqkinseicafe 03
  • Thumbnail 180626 jrqkinseicafe 4

関連記事

最新記事

コメント