お盆期間の高速ETC休日割引、平日の8月9日・10日に変更 交通量の平準化目指す

お盆期間の高速道路の渋滞対策として、ETC休日割引の適用日が試験的に変更されます。

8月11日・12日は休日割引の適用外に

 国土交通省道路局とNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本四高速、宮城県道路公社は2018年7月4日(水)、お盆期間の渋滞対策の一環として、高速道路通行料金の休日割引適用日を試験的に変更すると発表しました。

Large 180704 holiday 01
高速道路の交通量の平準化を図るため、お盆期間におけるETC休日割引の適用日が試験的に変更される。写真はイメージ(2012年1月、佐藤 勝撮影)。

 8月11日(土・祝)と12日(日)は休日割引の適用日とせず、代わりにその前の9日(木)と10日(金)を休日割引の適用日に変更します。分散利用を呼び掛けることで、お盆期間における高速道路の交通量の平準化を目指すといいます。

 休日割引は、観光需要を喚起し地域の活性化を図ることを目的としたもので、土休日(1月2日・3日含む)に、ETC搭載の軽自動車等と普通車が地方部の高速道路(一部除く)を通行する際に適用されます。割引率は3割です(本四高速は別)。

 なお、NEXCO中日本が管理する安房峠道路と、NEXCO西日本が管理する広島呉道路は、今回の変更の対象外とされます。

 国土交通省道路局などは、お盆期間における適用日変更の効果と影響を分析し、今後、年末年始やゴールデンウィークなど、特に交通量が増える期間での適用を検討していくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180704 holiday 02
  • Thumbnail 180704 holiday 01

関連記事

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. ま~、よくも伸び縮みする尺度だことよ

  2. わざと不便にして「分散」ねぇ
    大元の国交省が、ライバルである他の交通機関に忖度したんですかねえ

  3. アホくさ~、フェリー業界がゴネればフェリーに利用が増えるよう物流ドライバーの拘束時間で海運利用に誘導するわ、休日割りを名目乏しく移動してしまうわ、各々の働き手や利用者に対する視線や最初の約束を平気で簡単に試験大義に破棄する連中のやることは実際こんなもんでしょうね。
    何でも数合わせだけで物事を進めると結局は割りを食うのは現場の働き手であったり観光利用者なんですよ

  4. 不利益で制御しようという発想の方向性は正しいが、「一律」に休日割引をやったりやめたりというのがダメ。
    東名高速の大和トンネル近辺なんて、土休日の方が混雑するんだから、その混雑時間帯に割引しちゃダメ。

    統計上の混雑時間帯には、無割引になるように設定するなり、
    渋滞区間にETCのアンテナを設置して、渋滞に参加した車は休日割引無しってなるようにすべき。

    • 大和トンネルのあたりは東京近郊区間なのでもともと休日割引対象外ですよ。

      東京近郊区間走ったら全区間無割引にするとかなら高速は空くでしょうけど、そうすると一般道(特に区分点である厚木IC周辺)が悲惨なことになりそうですね…。

  5. 仕事の都合で土日祭日にしか休めない人もいる。某自動車製造業の社員の帰省に配慮してるのか?
    ずらすなんてみみっちい事すんなや!いっそ8月は全線無料化したら?
    自民党よ

  6. 誰が9日から休みなんですか?

  7. 高速道路って、金儲けでやってるんですか?

  8. 金儲け以外考えられない。
    そんなことしても休みは変わらねーよ。
    ナメんな

  9. 結局土日は大渋滞&サンデードライヤーの事故がでさらに渋滞が広がった上に、料金割引が無いので最悪でした。