北陸新幹線で無料Wi-Fi、8日から順次サービス開始

JR北陸新幹線のE7系・W7系に導入される無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスの開始日が決定。メールアドレスなどの登録により、誰でも利用できます。

利用可能な車内にステッカー掲出

 JR東日本とJR西日本は2018年7月6日(金)、北陸新幹線で、無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを8日(日)から順次開始すると発表しました。

Large 180706 jrewhokurikuwifi 01
2015年3月に長野~金沢間が延伸開業した北陸新幹線(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 対象車両は同新幹線のE7系とW7系です。サービスが利用できる車両には、専用のステッカーが車内に掲出されます。

 JR東日本のE7系では「JR-EAST FREE Wi-Fi」を提供。メールアドレスを登録すると利用が可能です。JR西日本のW7系では「JR-WEST FREE Wi-Fi」を提供。メールアドレスか、SNSアカウントの登録をすると利用できます。訪日外国人向けのサービスですが、日本人を含む誰もが利用可能。さらに大規模災害時には認証登録なしで開放されます。

 なお、このサービスは携帯電話の電波を利用するため、一部トンネル内や山間部など電波の届かない所では利用できない場合があります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180706 jrewhokurikuwifi 02
  • Thumbnail 180706 jrewhokurikuwifi 01

関連記事

最新記事

コメント