特急「明星号」一夜限りの復活 大文字焼きの帰りにあわせ運転 小田急

小田急電鉄が、特急の列車名「明星号」を復活させ、箱根湯本~新宿間で一夜限りの運転を行います。

新型ロマンスカー70000形「GSE」を使用

 小田急電鉄は2018年7月12日(木)、臨時特急「明星号」を8月16日(木)に運行すると発表しました。

Large 180712 oermyojyo 01
臨時特急「明星号」に使われる70000形「GSE」のイメージ(2018年2月、恵 知仁撮影)。

 明星ヶ岳(神奈川県小田原市、箱根町)で行われる「箱根強羅夏まつり大文字焼き」にあわせて、東京方面への帰宅の足として運転。車両は「ロマンスカー」の新型70000形「GSE」が使われます。区間と時刻は次のとおり。

●明星92号
・運転日
 8月16日(木)
・運転時刻
 箱根湯本21時58分発→小田原22時28分発→本厚木22時59分発→新宿23時41分着
・途中停車駅
 小田原、秦野、本厚木、相模大野、新百合ヶ丘
・「箱根強羅夏まつり大文字焼き」が中止になった場合も運行。

 小田原~新宿間は定期運転の特急「さがみ92号」と同一行路です。特急券は乗車日1か月前の7月16日(月・祝)午前10時に発売されます。なお、「明星92号」の特急券には「臨時92号」と表示されます。

「明星号」は1952(昭和27)年9月から1963(昭和38)年3月まで、小田急電鉄の特急列車名のひとつとして使われていました。同社によると、当時は箱根にちなんだ山や地名を列車名に採用しており、「明星号」もそのひとつだったといいます。「『箱根強羅夏まつり大文字焼き』の余韻に浸りながら新型特急ロマンスカー・GSE(70000形)の車内で快適にお過ごしください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180712 oermyojyo 02
  • Thumbnail 180712 oermyojyo 03
  • Thumbnail 180712 oermyojyo 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 明星と言うと真っ先に新大阪-九州間の夜行特急を思い浮かべる。箱根町の山に明星ヶ岳があってその名の特急を小田急が運転していた話は今まで知らなかったです。
    歴史の掘り起こし、リバイバル運転。楽しい企画ですね。

  2. べつに当時の前面愛称表示が復活するわけでも何でもねえしなあ。

    リバイバルって感じも何もしない、どうだっていい。

    • やるんだったら、7000形LSEでやりゃいいのに。