リアワイパーは必要? クルマの形で分かれる装着の有無 「全車標準」のメーカーも

リアワイパーは車種によって装着の有無が分かれます。軽自動車でも多く装着されている一方で、たとえばメルセデス・ベンツSクラスのような高級車でついていないというケースも。どのような違いがあるのでしょうか。

セダンに装着が少ないワケ

 リアワイパーがついているクルマと、ついていないクルマがあります。たとえば、東京都内を走る法人タクシーなどを見ても、ほとんどついていません。

Large 180719 rearwiper 01
リアワイパーのイメージ(画像:Pathompong Nathomtong/123RF)。

 リアワイパーは装着が義務化されているものではありません。「道路運送車両の保安基準」では、「前面ガラスの直前の視野を確保できる自動式の窓ふき器」を備えなけばならないとされていますが、リアガラスについては規定がないのです。では、どのようなクルマに備えられているのでしょうか。

 各社のラインアップを比べてみると、リアワイパーの装着にはある傾向がみられます。それはセダンに設定が少ないということです。たとえばメルセデス・ベンツでも、セダン型車種はSクラスであっても基本的についていません。先述した法人タクシーの場合も、その多くを占めるセダン型のトヨタ「コンフォート」などはついていませんが、最近増えつつあるハッチバック型の「JPNタクシー」にはついています。

 これは、ひとつにはクルマの形が関係しているといわれます。実際には車種ごとに形状や特性は異なりますが、一般的にセダンの場合はリアガラスが傾斜していて、走行中にはその付近に空気が流れるうえ、荷室も後ろに出っ張っているので、跳ね上げた水や泥もある程度防げます。一方、ハッチバックやワゴンのようなリア全体が直立に近い形状の車種では、リアガラス付近に空気が流れにくく、跳ね上げた水や泥も付着しやすいというわけです。

 日本で初めてリアワイパーを装備したクルマもハッチバック車でした。1972(昭和47)年発売のホンダ「シビック」で、当時の資料では「後方視界を確保するユニークなリアワイパーを装備」と紹介されています。このころはハッチバックという形状も日本では珍しく、リアワイパーもユニークな装備として捉えられたのでしょう。

 もちろんリアワイパーは安全のための装備でもあり、クルマの形状だけで装着の有無が決まるわけではありません。車種やメーカーによっても、考え方は異なってくるようです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180719 rearwiper 03
  • Thumbnail 180719 rearwiper 01
  • Thumbnail 180719 rearwiper 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. リアワイパーは必ずほしい機能の一つです。新車を買う時にはセダンにもオプションで必ずつけてもらっていました。すべてのガラスがクリーンであることが、安全のためにかなり重要であると思っているからです。
    私の周りの特に高齢ドライバーは、エアコンを使わないで運転する方も多くいます。そういう方は大抵窓が曇っています。私はとても気になります。なぜエアコンを点けないのか聞いてみると、「燃費が悪くなるから」とかいう答えが返ってきたりして唖然とします。ほんの少しの燃費と安全性とを天秤にかけること自体がナンセンス!
    後のガラスはいつでもキレイでいてほしい。洗車まではしなくとも、窓だけはいつでもキレイにしています。
    窓が汚れていて見えにくかったから、なんていう事故は、絶対に起こしたくありませんから。
    スバルがほとんど全車種に装着しているとは気づいていませんでした。
    他のメーカーもぜひそうしてもらいたいと思います。何よりも安全優先で!

  2. 箱形が流行ってますからね、雨の日の箱形の大型車やバスが巻き上げる水飛沫を見れば分かりますね
    セダンが如何に風に影響されにくいかの証ですね。
    日本の車の諸元はミラー、ウインカーレンズなどの保安装置は全幅には含みませんが、当てゴムなどは突起物と見なされてダメですが、取り付けネジで即脱着可能なルーフデッキなどは全高に含まず、最大安定傾斜角度の計算値の重量物にも含まれませんね
    だから選挙の時期に屋根に看板背負った選挙カーがガードにヒット!!なんてありましたよね
    しかしながら公文書の車検証の車枠情報をここまで蔑ろにしてオプションを売り付けるもんだな~?とも思うし
    軽にルーフデッキ付けて荷物満載したら軸重とかタイヤの許容を割ってるんじゃないかな?とも思いますがね