山陰本線経由の貨物列車、28日運行開始 豪雨で不通の山陽本線を迂回

JR西日本とJR貨物が、伯備線~山陰本線~山口線を経由する貨物列車を1日1往復運行します。

名古屋~福岡間の貨物列車が山陰に迂回

 JR西日本とJR貨物は2018年8月24日(金)、西日本豪雨で不通になっている山陽本線の代替として、山陰本線などを経由する貨物列車を28日(火)から運転すると発表しました。

Large 180824 jrfwukai 01
赤線が貨物列車の迂回ルート。伯備線、山陰本線、山口線を経由する(画像:JR貨物)。

 伯備線~山陰本線~山口線を通ることにより、山陽本線の不通区間を迂回します。本数は1日1往復です。岡山貨物ターミナル~米子間はEF64形電気機関車1両、米子~益田~新山口~幡生操車場間はDD51形ディーゼル機関車1両が、貨車6~7両を牽引(けんいん)します。5tコンテナ30~35個を運びます。

 貨物列車の運転区間と時刻は次のとおりです。

●下り
名古屋貨物ターミナル20時37分発→福岡貨物ターミナル翌23時37分着
迂回区間:岡山貨物ターミナル3時47分発→幡生操車場21時15分着
運転開始:名古屋発8月28日(岡山発29日)

●上り
福岡貨物ターミナル1時55分発→名古屋貨物ターミナル翌7時40分着
迂回区間:幡生操車場4時34分発→岡山貨物ターミナル22時12分着
運転開始:福岡発8月31日(幡生発同日)

 なお、JR貨物では被災地復興応援のヘッドマークやラッピングを作成。「がんばろう岡山 がんばろう広島」のメッセージを記し、岡山貨物ターミナル~米子間(山陽本線、伯備線、山陰本線)で貨物列車を牽引するEF64形電気機関車に、8月下旬から当面のあいだ掲出します。

 貨物列車が運行されていた山陽本線は、7月の西日本豪雨により被災し、現在も三原~白市間、八本松~瀬野間、柳井~下松間が不通です。10月の全線開通に向け、復旧工事が進められています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180824 jrfwukai 02
  • Thumbnail 180824 jrfwukai 03
  • Thumbnail 180824 jrfwukai 01

最新記事

コメント