豪雨被災の芸備線、橋の復旧工事に着手へ 2019年秋ごろの再開目指す JR西日本

西日本豪雨の影響で橋脚が流された芸備線の「第1三篠川橋りょう」について、復旧工事が始まります。

現在も列車の運転見合わせが続く

 JR西日本は2018年11月5日(月)、芸備線・白木山~狩留家間の「第1三篠川橋りょう」について、復旧工事に着手できる見通しが立ったと発表しました。

Large 181105 jrwgeibi 01
橋脚など流出した芸備線の「第1三篠川橋りょう」。2018年7月7日撮影(画像:JR西日本)(画像:JR西日本)。

 三篠川を渡るこの橋は、7月の西日本豪雨の影響で橋脚などが流されました。このため芸備線は現在も、ここを含む三次~狩留家間などで列車の運転見合わせが続いています。

 従前の橋は6径間上路プレートガーダーで長さは約86mでしたが、新しい橋は、橋脚を減らし、3径間下路プレートガーダーで長さは約110mのものに変わります。

 全体工事費は約13億円。運転再開は、工事が順調に進捗すれば2019年秋ごろになる見込みです。JR西日本と広島県とのあいだで河川事業との連携、調整を図りつつ復旧が進められます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 写真の説明文、橋脚など流出した芸備線の「第1三篠川橋りょう」、のところ私だったら流出ではなく流失と表現します。