御殿場線に残る「東海道本線」の歴史 単線の脇で複線時代の痕跡を探す(写真13枚)

複線時代の施設が多数残る

 山北駅の沼津寄りには、線路の掘割を挟んで約130本のソメイヨシノが植えられ、毎年春になると桜のトンネルが現れます。その並木道を過ぎ、県道76号に入って酒匂川(さかわがわ)の左岸に出ると、右手に御殿場線の小さな鉄橋が現れました。箱根第1号トンネルと箱根第2号トンネルに挟まれた50mほどの区間で、現在の線路の手前にはもうひとつ、いまは使われなくなったトンネルと鉄橋が残っています。

Large 181108 gotenbasen 02

拡大画像

山北~谷峨間の「桜のトンネル」を抜ける沼津行き普通電車。毎年4月には多くの観光客とカメラマンでにぎわう(2009年4月、栗原 景撮影)。

 現在の御殿場線は、東海道本線時代の1901(明治34)年までに複線化されました。御殿場線となった後もしばらくは複線でしたが、戦時中の1943(昭和18)年に片側の線路が撤去されて単線に。これにより不要となったレールは、ほかの路線の建設などに使われています。このとき撤去されたのは旧上り線で、その後は旧下り線を上下の列車が走っていましたが、1968(昭和43)年に完成した電化工事では上り線を復活させ、線路を旧下り線から移設しました。いまは使われていないトンネルと鉄橋は、このとき廃止されたものです。

 鉄橋の前から県道を600mほど進むと、左手に箱根第2号トンネルの御殿場寄りの坑口が現れ、その上に赤い鳥居が見えます。あれは「線守稲荷神社」。「線路を守る」という意味の名前が付けられた神社には、こんな伝説があります。

Large 181108 gotenbasen 03 Large 181108 gotenbasen 04 Large 181108 gotenbasen 05

拡大画像

拡大画像

拡大画像

山北駅前にあるサイクルシェアポート。スマートフォンで会員登録しておけば、手軽に電動アシスト付き自転車を借りることができる(2018年10月、栗原 景撮影)。
東海道本線として開業したときは右の旧下り線側が建造され、複線化時に左側が増設された。下部の水路アーチの意匠が異なるのが興味深い(2009年4月、栗原 景撮影)。
2本並んだ箱根第2号トンネルのうち、旧下り線のトンネルは保線作業用通路として使われている。一般の人は立ち入ることはできない(2009年4月、栗原 景撮影)。

 明治時代、御殿場線のトンネル工事によってキツネの巣が壊され、人々はキツネの仕返しを恐れていました。やがて鉄道が開通すると、大きな置き石や赤いカンテラを振る人、髪を振り乱した女の人といった不思議な幻が、列車から何度も目撃されたといいます。

この記事の画像をもっと見る(13枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181108 gotenbasen 13
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 01
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 02
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 03
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 04
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 05
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 06
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 07
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 08
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 09
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 10
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 11
  • Thumbnail 181108 gotenbasen 12

最新記事

コメント