ミャンマー技能実習生の1期生が卒業 新たに3期生11人が成田に ANA(写真30枚)

ANAグループがミャンマーから受け入れている、グランドハンドリング技能実習生の1期生が課程を修了。3期生の受け入れとあわせた歓送迎セレモニーを開きました。

3年間の技能実習プログラムを修了

 ANAグループは2018年11月26日(月)、ミャンマー技能実習生の歓送迎セレモニーを千葉県成田市内のホテルで開催しました。

Large 181126 ana 01

拡大画像

修了証を授与するANAホールディングスの篠辺 修副会長(右)と技能実習生1期生のソウ・モウ・アウンさん(2018年11月26日、伊藤真悟撮影)。

 ANAグループとミャンマー運輸・通信省航空局が、空港の地上業務である「グランドハンドリング」の人材育成強化を目的とした覚書を2015年11月に締結。同国の技能実習生1期生15人が、同年から成田空港で、ボーディングブリッジの操作や手荷物、貨物の搭載と取り降ろし、航空機の地上誘導などといった実習に取り組んできました。

 この技能実習は、ANAによると、ミャンマーの航空局からの支援要請に基づき実現。「ミャンマーの航空業界の発展のために、航空人財育成の観点でANAグループでも貢献していきたいとの想いから始めたもの」といいます。

 3年にわたる技能実習プログラムを終えた1期生はこの日、ANAホールディングスの篠辺 修副会長から修了証が授与されました。1期生は帰国し、今後はミャンマー国際空港などでグランドハンドリングの中核を担う人材となります。

 セレモニーでは新たに受け入れる3期生11人も紹介。そのなかには初の女性1人も含まれています。なお、2期生は2016年11月からグランドハンドリングの技能実習を行っています。

 篠辺副会長は「彼らがミャンマーのグランドハンドリング関係の核になって、現地の航空産業のキーマンになっていいただければと思います。受け入れ側としても、日本語が十分に通じない人たちに教えていくので、インストラクターの育成にもなります」と話しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(30枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181126 ana 02
  • Thumbnail 181126 ana 03
  • Thumbnail 181126 ana 04
  • Thumbnail 181126 ana 05
  • Thumbnail 181126 ana 06
  • Thumbnail 181126 ana 07
  • Thumbnail 181126 ana 08
  • Thumbnail 181126 ana 09
  • Thumbnail 181126 ana 10
  • Thumbnail 181126 ana 11
  • Thumbnail 181126 ana 12
  • Thumbnail 181126 ana 13
  • Thumbnail 181126 ana 14
  • Thumbnail 181126 ana 15
  • Thumbnail 181126 ana 16
  • Thumbnail 181126 ana 17
  • Thumbnail 181126 ana 18
  • Thumbnail 181126 ana 19
  • Thumbnail 181126 ana 20
  • Thumbnail 181126 ana 21
  • Thumbnail 181126 ana 22
  • Thumbnail 181126 ana 23
  • Thumbnail 181126 ana 24
  • Thumbnail 181126 ana 25
  • Thumbnail 181126 ana 26
  • Thumbnail 181126 ana 27
  • Thumbnail 181126 ana 28
  • Thumbnail 181126 ana 29
  • Thumbnail 181126 ana 30
  • Thumbnail 181126 ana 01

最新記事

コメント