「天ぷら油」で列車、バスが走る 「バイオディーゼル」普及はあるのか?

家庭や飲食店から排出された天ぷら油などを利用した「バイオディーゼル」燃料。環境に優しい取り組みとして、バスやゴミ収集車、列車に使用するケースがありますが、課題も多いようです。

鉄道での使用は難しいか

 鉄道のディーゼルカーは燃料に軽油を使いますが、一部の鉄道において「バイオディーゼル」燃料が使われるケースがありました。家庭や飲食店から排出された天ぷら油などを100%使用、あるいは軽油と混合して精製した燃料です。

Large 181109 bio 01
いすみ鉄道の200形ディーゼルカー。一時期、軽油に食用油を5%配合したバイオディーゼル燃料を使用して運行されていた(画像:photolibrary)。

 千葉県の房総半島を走るいすみ鉄道が2005(平成17)年から、沿線より集められた食用油を軽油に5%配合して精製されたバイオディーゼル燃料を列車に使用。兵庫県加西市内を走る北条鉄道も、2008(平成20)年から、濃度100%のバイオディーゼル燃料で数回、列車を運行しています。

 しかし、現在は両社とも、バイオディーゼル燃料を使用していないそうです。

 いすみ鉄道では、1980年代に国鉄線からの転換で開業した当初の車両でバイオディーゼル燃料を使用していましたが、2012(平成24)年ごろに中止したといいます。軽油よりもコストが高いうえ、糖分が入っているため、パッキンなどからにじみ出てきた油がベトつくなどのデメリットがあったとのこと。同時期に導入した新型車両では、バイオディーゼルは使用できないと判断されました。

 北条鉄道では、試験やイベントで100%バイオディーゼル燃料による運行はしたものの、パワーが出ないことなどから、日常的な営業運転には至らなかったといいます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181109 bio 03
  • Thumbnail 181109 bio 01
  • Thumbnail 181109 bio 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ペットボトル等の「リサイクル」と同じで、無理に再生利用するのではなく、ごみの焼却場で一緒くたに燃焼させ、その時に発生した「熱・エネルギー」を発電などにまわすのが合理的では?

  2. おぉー。どなたかが質問箱で質問されてました。
    事情が詳しくわかって感慨深いです。なかなか先駆的なことを始めたり、メーカーに理解と協力を求め、それを軌道に乗せる難しさに課題は山積みですが、丹鉄の今できることや継続できることを模索しながら取り組むひたむきさや探究心にはすごいなと感心しました。失敗に終わっても新たな省エネ対策の起爆剤になったのかなと思いますね。