海底に眠る米空母「ホーネット」の太平洋戦争 世論を変えた「ドーリットル空襲」母艦

アメリカの空母「ホーネット」は、就役わずか1年で沈んだ第2次世界大戦期の艦艇です。しかしその1年のあいだに、映画にも描かれた「ドーリットル空襲」へ参加。日本にも縁深い艦の、短くも濃い1年を追います。

連勝日本に冷や水を浴びせた武勲艦

 第2次世界大戦において、日本軍に撃沈されたアメリカ海軍の空母「ホーネット」が、ソロモン諸島の沖合、深さ5330m地点にて、2019年1月20日に発見されました。アメリカの実業家だった、故ポール・アレン氏が立ち上げた調査チームによるもの。「ホーネット」は、米軍による日本初空襲を行った爆撃隊の母艦として有名です。

Large 190214 honet 01

拡大画像

空母「ホーネット」。甲板上にF4F「ワイルドキャット」戦闘機、SBC-4「ヘルダイヴァー」急降下爆撃機、TBD-1「デヴァステイター」雷撃機が見える(画像:アメリカ海軍)。

 1942(昭和17)年、日本はまだ前年12月の真珠湾攻撃成功に続く、緒戦の連勝に浮かれています。ところが4月18日、この日本国民の戦勝気分に冷や水が浴びせられます。これが、アメリカ陸軍B-25爆撃機16機で編成された爆撃機隊による、「ドーリットル空襲」です。東京を主目標に、焼夷弾による夜間爆撃を企図していましたが、移動中、日本側に発見され、出撃を急いだために昼間爆撃となり、一部は横浜方面や名古屋、神戸、大阪方面に爆弾を投下しました。

 日本軍はこの爆撃隊の侵入を阻止できず、爆撃隊を運んできたアメリカ艦隊も取り逃がし、本土防衛体制の杜撰さが明らかになって、大きな衝撃を受けました。

 この爆撃隊の母艦が、空母「ホーネット」です。就役したのは太平洋戦争開戦直前の1941(昭和16)年10月20日のことで、最初の大仕事がこの「ドーリットル空襲」でした。

 1942(昭和17)年3月、カリフォルニア州のアラメダ海軍基地にて、「ホーネット」は双発中型爆撃機B-25を16機、積み込みます。艦上機ではないため着艦ができず、ゆえにクレーンで吊り上げて飛行甲板に並べたのです。空母の乗員はいぶかしがりますが、日本本土空襲など思いもよりません。B-25をどこかの基地へ運ぶのだろう、くらいに考えていました。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190214 honet 10
  • Thumbnail 190214 honet 01
  • Thumbnail 190214 honet 02
  • Thumbnail 190214 honet 03
  • Thumbnail 190214 honet 04
  • Thumbnail 190214 honet 08
  • Thumbnail 190214 honet 05
  • Thumbnail 190214 honet 06
  • Thumbnail 190214 honet 07
  • Thumbnail 190214 honet 09

最新記事

コメント