小仏トンネルがしゃべる!? 中央道の渋滞名所「速度回復願います」の音声で改善なるか

中央道上り線で慢性的に渋滞が発生している「小仏トンネル」において、「音声による渋滞対策」が始まります。坂道での速度低下が渋滞の原因であるため、トンネル内のスピーカーから声で速度回復を促すという、国内初の取り組みです。

声で「速度回復願います」

 中央道の東京都と神奈川県の境に位置する小仏トンネルは、特に上り線で休日の午後を中心に、渋滞が多発。10連休となる2019年のゴールデンウイークも、初日の4月27日(土)を除き9日間連続で、小仏トンネル付近を先頭とした20km以上の渋滞が予想されています。

Large 190405 kobotoke 01
トンネル内は心理的に速度が低下しがち。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

 NEXCO中日本八王子支社は、このゴールデンウイークまでに、小仏トンネルである渋滞対策を開始すべく準備を進めています。上り線トンネル内に設置したスピーカーを使った「音声情報による渋滞対策」で、国内初の取り組みだそうです

 同支社によると中央道上り線は、小仏トンネルの手前で下り坂から上り坂に切り替わる「サグ」があり、そこからトンネルにかけて長い上り坂が続くこと、そしてトンネル内でドライバーが感じる心理的圧迫から速度が低下し、渋滞が発生しているといいます。そこで実施される「音声情報による渋滞対策」について、同支社に聞きました。

――どのような渋滞対策なのでしょうか?

 渋滞のないときには無音ですが、車両検知器の速度情報から渋滞の発生を検知した段階で、トンネル内において「速度回復願います」といった音声(具体的な文言は検討中)を流します。車内に聞こえるほどの大きな音量ですが、今回は音の拡散を抑えられる「指向性スピーカー」を使っており、トンネルの外に音が漏れにくくなっています。スピーカーは全部で16台設置しています。

――なぜ行うのでしょうか?

 小仏トンネル付近では従来から、情報板や看板で速度回復を促す文言を表示していましたが、たとえば右側車線を走っていて左側を大きなトラックなどが通過すると、それが見えなくなる場合があるなど、案内が十分ではありませんでした。音声ならば、すべての車両に伝えることができます。

テーマ特集「【道路】連休の渋滞どう回避? 発生メカニズムからマル秘テクニックまで!」へ

【画像】小仏トンネルの位置 並行して新トンネルも建設中

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190405 kobotoke 03
  • Thumbnail 190405 kobotoke 04
  • Thumbnail 190405 kobotoke 05
  • Thumbnail 190405 kobotoke 01
  • Thumbnail 190405 kobotoke 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. >工事の車線規制をドライバーに知らせる目的で導入した実績があります。このときは安全対策として実施しましたが、一定の注意喚起効果が確認された

    これは、車の外から反響で何言ってるか分からないけど急に声が聞こえたからびっくりして減速したことによる効果。

  2. 昔、電波の届かないトンネル全盛期に、このトンネルはラジオが聞こえます。
    てな看板見て窓から顔まで出さなかったけどねw