ANAの超大型機A380就航で競争激化のハワイ路線 座席数「大幅増」のメリットは

ANA超巨大機A380導入で、日本~ハワイ路線の競争激化が予想されます。ファーストクラスが新設されるほか、1便あたりの座席数は大幅増。運賃などの面で、利用者にどれほどのメリットがもたらされるのでしょうか。

A380就航でホノルル線の競争激化 利用者にメリットは?

 ANA(全日空)が2019年5月24日(金)、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線に超大型機エアバスA380を導入します。

Large 190408 a380 01

拡大画像

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」初号機。今後、あと2機が導入される(2019年4月、恵 知仁撮影)。

 もともとハワイマーケットはJAL(日本航空)が圧倒的に強く、オアフ島以外の島々も含め他社に先駆けて多くの旅行商品を開発してきました。JALが主催する「ホノルルマラソン」はすでに45年の歴史を持ち、日本人にとっては「ハワイ=JAL」という市場勢力図ができ上がっているところに、ANAが超大型機を投入してシェアの奪回を図るという構図になったわけです(2018年度上期の日本~ハワイ路線シェアはJAL33%、ANA14%と大差)。

 A380就航に合わせANAはホノルル空港に自社ラウンジを新設、JALは内外各社との提携による新しいハワイの旅行スタイルを打ち出すなど、両社のサービス・運賃面の競争はこれからもヒートアップしそうで、利用者にとっては様々なメリットが期待できる環境になってきました。

 ANAは計3機のA380を順次導入します。これらを運航する場合、数字上は東京~ホノルルのデイリー3往復は可能ですが、オペレーション上のトラブルなどに対応するにはある程度の機材余裕を持つ(スタンバイ予備機を確保する)必要があるため、成田線の2便をA380で運航することになるでしょう。この場合、1便あたりの座席数は現在の246席が520席と2倍以上の増加となりますが、ビジネスクラスは48席が56席と大きな変化はなく、2.3倍以上の座席増となるプレミアムエコノミーおよびエコノミー、そしてANAが初めてハワイ線に投入するファーストクラスをどう売っていくかが、大きな課題になるとみられます。

【写真】ANAのA380シート全種類

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1.  日系の航空会社のファーストクラスは仕切が低過ぎてフライトアテンダントなどから丸見えなのはどうなんだろうと思う。エミレーツ航空だったかな?仕切が高くて覗き込むようにしないと見えないとか、エールフランスだったと記憶しているけど天井から伸びるカーテンで完全にセミ個室化出来るようにしてプライベート空間をしっかりと確保出来るようにしないと選択肢から外される可能性が高いと思う。

  2. A380の生産が短命に終わろうとしているのに
    このタイミングで導入なんですね