「そろそろ免許返納」どう判断? 高齢者ほど「運転に自信」 衰えに気づくには

高齢運転者による事故が相次ぐなか、運転免許を自主返納する人も増えています。しかし、高齢者ほど運転に自信を持つ傾向も。自分の衰えを客観視することが、運転をやめる判断にだけでなく、運転を長く続けるためにも必要かもしれません。

認知症は免許停止・取り消しの対象に

 高齢運転者の事故が増加傾向にあります。内閣府によると、死亡事故件数のうち75歳以上の運転者による事故の割合は、2012(平成24)年からの5年間で2.7ポイント増の13.5%。交通死亡事故件数が年々減少していくなかで、相対的に高齢運転者による死亡事故の割合が高まっています。

 このため、安全対策として運転免許の自主返納制度があり、自治体などが返納者向けの各種優待を用意するなど、返納をサポートする制度を整えています。

Large 190425 henno 01
高齢運転者のイメージ(画像:Akhararat Wathanasing/123RF)。

 2017年には道路交通法の改正で高齢運転者対策が強化され、75歳以上の高齢者が3年に1度の免許更新時などに受検する「認知機能検査」で、認知症のおそれがあると判定された場合に、医師の診断が義務化され、そこで認知症と診断されれば免許の取消や停止の対象となりました。こうしたこともあり、同年と2018年には年間42万人以上(2016年と比べて約6万人増)が免許を自主的に返納しています。

 とはいえ、免許の返納は日常の「足」を失うことにもつながります。免許の「定年制」や、更新時に技能試験を設けるべき、といった議論もあるものの、実現には至っていません。免許の返納、どう考えるべきなのでしょうか。

 損害保険大手の損保ジャパン日本興亜によると、「免許返納のきっかけは、『そろそろお父さんもやめといたら』と、家族から促されることが多いようです。しかし、『いや、俺はまだ大丈夫』と考える人も少なくありません」とのこと。

 そのような家族からのニーズもあり、カー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブンは、後付け可能なアクセルペダルの踏み間違い防止装置「ペダルの見張り番」を2016年から販売。当初は大きく注目されたそうですが、「最近は売上が落ち着いてきています。というのは、やはり『私は大丈夫』と思う高齢のお客様が進んで買うことはなく、店側としても積極的に勧められないのです」と話します。

テーマ特集「運転免許の取得や更新に役立つ知識特集 教習所や免許試験、オートマ・マニュアル免許事情まで解説」へ

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 二十歳で工場長 Cancel reply

9件のコメント

  1. たとえば。
    平日昼間3車線の高速道路で夜間に同じ区間を同じ速度で走れなくなったら衰えの兆候ではないかな?

    もっとも「衰え」のせいで恐怖感が麻痺しているという周囲にとっての恐怖はありうるけど。

  2. 免許返納ね~、誰が為の免許更新制度か?疑われるような制度を発した警察庁の火消し対策としか思えないけどね
    これまでの高齢者教習の義務付けも単に教習生が集まらない教習所対策の一環だっただけでしょうに
    高齢者の事故を一括りに認知度低下として遡るような数合わせの事故調査もどうかと思いますがね。
    様々な制度が都心感覚で施行されている時代に免許を返納した方々への代わる移動手段の確保が先回りして行われるとは到底思えないしね。
    ろくに認知度と運転行為の因果関係も煮詰めもせずに自分等にとって都合の良い数字だけを出してきて仕事振りをアピールするやり方なんて錆びた刀を振り回す落武者と何ら変わらんだろうによ
    運転歴を一切問わず免許歴の時間の経過で様々な車種の免許にステップアップできてしまうような穴だらけの制度に高齢者を交えた場合の対策はあるのかな?

  3. 免許を返納を詠うわりには今後免許を取ろうとする人には妙に敷居が低くなってるのは何でだろう?担い手不足の物流、旅客ドライバー、足りない人員に更に負担を強いるかのような車枠の拡大緩和、二種免許の受験資格までの期間短縮
    これじゃ即戦力にならん資格倒れになってしまうね、警察の暖簾分けの自動車学校も救わにゃならんし、何でこんな時だけ官民一致団結して高齢者締め出し案を出してくるのか?高齢者に更新毎に実技試験をやるなら全ての更新者に受けさせるべきでしょう
    まあー、受けたら大半落ちるだろうけど、車検場の実測コースですら1日に再検は三回までなのに免許試験場は受験の合否の判定すら歪んでる場所だからね

  4. 日本の資格制度は合格した後が放し飼いなのが大問題なだけ、車に止まらず気象予報士、料理、消防、警察、弁護に裁判、足下で風潮に流される事故調査に判決など。
    自動車免許のように教えを受ける側が感情だけで師を選べるシステムや自動車メーカーに対する政治の面子という辺りで交通の安全などは遠の昔から機能してないし、今さら高齢者の認知度を取り上げるのは単なるチョウジリを合わせただけの終わり良ければ全て良しの基礎に欠ける制度で何から逃げ切ろうとしているのか?

  5. 自力に任せるから、池袋の暴走老人が出るんだよ。
    一律70才以上は免許を無効にすれば十分だろう?
    くだらない議論をしている間に死者は増えていく
    よく考えて欲しいね。

    • 一律70才の根拠は?面倒だから一線引いて捩じ伏せるやり方はよろしくないのではないでしょうか?
      それと本来先持ってやらなきゃならん他の移動手段の確保が追々なのはどうしてでしょうかね?
      車を売りたい企業、それらを推す政が免許制度を緩く崩壊させてきた現実をご存じなのかな?
      全体で事故が増えてるにも関わらず君のように年齢の線引きの断定で高齢の部類に属さない免許保有者には一切認知度検査を施さないあたりは結局は受け皿以前に面倒だからでしょうに?

    • 一律で良いじゃないかな?
      試験なんてすれば天下りが喜ぶだけだよ。
      コストを考えれば一律の年齢で終了で十分。

    • くずやさんよ!よくコメント読めよ
      天下り云々ではなくて都心感覚の政で車が欠かせない地域に感情ばらまくなって話なんだよ
      だから70歳と言う年齢で区切る根拠も無しに移動の足を削ぐ理由にはならねーって話なんですが理解できませんかね?
      それと一律返納と天下りで話をすり替えるんじゃねーよ
      天下りなら君の言う70歳前の免許保有者の更新制度において既に浮き彫りになってるんですがね

  6. 若くて聡明な人なら、安全以外にも、環境や健康を考えて自動車や免許を手放す事も多いけど、高齢者だと諸々の問題以前に、ライフスタイルを変える事自体が億劫だったりもするんだろうね。
    自動車から離れることが前向きな選択肢であると高齢者にも浸透すれば変わってくるんだろうけど。