池袋~方南町間、平日は134本直通 新宿行は方南町行に 東京メトロ丸ノ内線ダイヤ改正

東京メトロ丸ノ内線がダイヤ改正を実施へ。方南町駅のホーム6両化完成に伴い、池袋~方南町間で6両編成列車の直通運転が始まります。新宿行き・新宿始発の列車は一部を除き方南町発着に区間を延長します。

方南町駅のホーム6両化が完成

 東京メトロは2019年6月6日(木)、丸ノ内線のダイヤ改正を7月5日(金)に実施すると発表しました。

Large 190606 metromdia 01
丸ノ内線の新型車両である2000系電車(画像:東京メトロ)。

 方南町駅(東京都杉並区)のホーム延伸工事が完了し、6両編成の列車が発着できるようになることから、池袋~方南町間で6両編成での直通運転が始まります。

 方南町駅を発車する列車は、現在は3両編成173本ですが、改正後は3両編成141本と6両編成68本に(いずれも平日)。朝ラッシュ時間帯の中野富士見町始発は、18本中12本が方南町始発に変わります。

 池袋~新宿間を走る列車は、このうち、朝ラッシュなど一部時間帯を除き計86本(土休日は計68本)の運転区間が池袋~方南町間に延長されます。日中時間帯は、中野坂上~方南町間で1時間あたり1往復増えて9往復に。そのうち3往復(計6本)は池袋・新宿方面~方南町間の直通列車です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190606 metromdia 02
  • Thumbnail 190606 metromdia 01

最新記事

コメント