陸自が「対艦」攻撃能力アピールのワケ ルーツは冷戦時代 改めて内外に誇示の背景は?

有事にはおもに地上の敵戦力と対峙する陸上自衛隊ですが、実は海上の敵にも対応できる能力を保持しており、ルーツは冷戦時代にあります。「総火演」のプログラムにも見られますが、これは冷戦時代とは異なる情勢を反映してのものです。

真夏の恒例イベントでも対艦攻撃能力を誇示

 陸上自衛隊が対艦攻撃能力を保持し、また昨今その能力を内外にアピールしているのには、どのような背景があるのでしょうか。

Large 190827 12ssm 01

拡大画像

2019年の「富士総合火力演習」にて展示された、陸上自衛隊の12式地対艦誘導弾(2019年8月22日、稲葉義泰撮影)。

 2019年8月25日(日)、「総火演」こと陸上自衛隊の「富士総合火力演習」が、静岡県御殿場市の東富士演習場で行われました。同演習は、陸上自衛隊の各装備品を実弾射撃も交えて紹介する前段演習と、シナリオに沿って進行する後段演習で構成されますが、実は最近の「総火演」では、特に後段演習の内容が非常にリアリティを感じさせるものに変化してきています。なかでも筆者(稲葉義泰:軍事ライター)が注目したのは、陸上自衛隊による「対艦攻撃能力の誇示」です。

 そもそも、戦車や装甲車を使って陸上での戦闘をおもな任務とする陸上自衛隊が、なぜ洋上の敵艦艇を攻撃するための地対艦ミサイルまで運用する必要があるのでしょうか。

 その答えは冷戦時代にまでさかのぼります。当時、日本はソ連軍の北海道上陸を警戒していました。そこで、陸上自衛隊は上陸部隊を満載した敵艦艇を洋上で撃破するべく、地対艦ミサイルの運用を開始したのです。

【図】意図は明白、南西諸島の新設駐屯地

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190827 12ssm 04
  • Thumbnail 190827 12ssm 01
  • Thumbnail 190827 12ssm 02
  • Thumbnail 190827 12ssm 03

最新記事

コメント