立って牛乳&パン 秋葉原駅ホーム「ミルクスタンド」とは いまも親しまれる昭和の風景

秋葉原駅の総武線ホームにあるミルクスタンド。かつては都心のあちこちにありましたが、現在は2店舗まで減少しました。牛乳の販売だけでなく、「牛乳総選挙」など面白い取り組みを行うスタンドの様子を取材しました。

瓶の牛乳はその場で飲むこと

 秋葉原駅(東京都千代田区)の総武線ホーム(千葉方面行き)に変わった店があります。その名も「ミルクショップ酪」。今となっては貴重なミルクスタンドで、秋葉原駅のほか御徒町駅(同・台東区)にも店舗があります。ミルクスタンドとは、立ったまま牛乳やパンを飲食する店のことをいいます。

Large 191016 milk 01

拡大画像

秋葉原駅の総武線ホームにあるミルクスタンド(2019年10月、蜂谷あす美撮影)。

 ミルクスタンドということだけあり、店頭には牛乳が並んでいますが、その種類の多さには圧倒されます。大手メーカーの商品だけでなく、岐阜県や福島県など、全国各地の牛乳を取り揃えているのです。また、飲料のラインナップは牛乳にとどまりません。コーヒー牛乳はもちろんのこと、青汁やあずきヨーグルトなども置かれています。しかもすべてが瓶商品。食べ物も含めた店頭での取扱商品は全部で50品目に上ります。

 ミルクショップ酪の1日は、午前6時半の開店とともに始まります。店としてはかなり早い開店時間ですが、ホームを発着する総武線はすでに通勤ラッシュ。足早に移動するなかから、何人かがスタンドに向かって行きます。そして、牛乳を注文するやいなや、ぐいっと飲み干し、去って行くのです。ちなみに瓶商品は店頭で飲むことが原則で、持ち帰りは不可。購入した時点でお店の人が手早くキャップを外してくれるので、「蓋が外れない……」とまごつくことはありません。

【写真】各地の「立候補牛乳」5種

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191016 milk 04
  • Thumbnail 191016 milk 05
  • Thumbnail 191016 milk 06
  • Thumbnail 191016 milk 07
  • Thumbnail 191016 milk 08
  • Thumbnail 191016 milk 09
  • Thumbnail 191016 milk 01
  • Thumbnail 191016 milk 02
  • Thumbnail 191016 milk 03

最新記事

コメント