飛行機のチケット お得で安い買い方は? 航空券を買うためのポイント

航空券をより安く買うには、「なるべく早く買う」が大原則。そのほかもちょっとした工夫で、安く飛行機に乗ることが可能です。ただしJALやANAなどの「FSC」と、ピーチなどの「LCC」では、注意点がそれぞれ違います。

航空券をお得に安く買うためのポイント

 飛行機のチケット(航空券)を、より安く買う方法はあるのでしょうか。

航空券はなるべく早くに買う

 何より大切なのは、「前もって買う」ということ。鉄道のきっぷと違い、当日買うとなると高いのが航空券の特徴です。そのためお得に買うには、前もって「いつごろ」「どこに」「何日」行くかを決め、早めにチケットを手配する必要があります。

航空券をどこで買う? かんたんでお得なのは「インターネット」

 買う方法はいろいろありますが、かんたんなのは、いつでもスマートフォンやパソコンからできる、インターネットでの購入でしょう。安いチケットを見つけるのにも向いており、航空会社や旅行会社のサイトほか、チケットの比較サイトを使うのも有効な手段。また、ホテルとセットになったフリープランのツアーも、うまく使えばだいぶ安くなることがあります。

Large 191121 lcc 01

拡大画像

JALのボーイング767型機と、ANAのボーイング777型機(2016年3月、恵 知仁撮影)。

「場所」「日程」を少し変えると安くなることも

 羽田と成田、伊丹と関西など行ける範囲に空港が複数ある場合、普段使わないほうの空港も要チェックです。また航空券を買うとき、理想の旅程から“プチ妥協”するのも、ひとつの手。その日以外は行けない場合を除いて、繁忙期は外したほうが得策であるほか、1日2日程度ずらしただけで安くなる場合もあります。

 また海外に行く場合、直行便ではなく海外の空港で乗り継ぐようにすると、だいぶ安くなることもあります。そのぶん時間はかかりますが、たとえばビザが不要な国であれば空港から出ることも可能なため、乗り継ぎ時間を活用して、現地でちょっとした観光や食事を楽しむのも手です。

 こうした乗り継ぎ便の検索も、チケット比較サイトではやりやすくなっています。

テーマ特集「【飛行機特集】航空券の予約術や座席選びのコツ、最新のグレードや料金事情を徹底紹介! 格安のLCC情報も!」へ

【表】早く買うとJAL・ANAでもこれだけ安くなる

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント