零戦役も「航空機界の名俳優」と呼ばれたT-6「テキサン」いまなお空飛ぶWW2期の練習機

WW2期、アメリカ軍などでパイロット育成を担ったT-6「テキサン」は、練習機の役目を終えたのち銀幕デビューを果たします。真珠湾攻撃を描く映画『トラ・トラ・トラ!』には零戦役で出演。軍役引退後のほうが有名かもしれません。

真珠湾攻撃を題材とした映画といえば『トラ・トラ・トラ!』

 1941(昭和16)年12月8日午前7時(日本時間)、ラジオの臨時ニュースで大本営陸海軍部から8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入ったことが伝えられました。さらに同日の正午には、ハワイ時間7日午前7時35分にホノルルへ初の空襲を行ったことも伝えられます。いわゆる「真珠湾攻撃」で、以降日本は、太平洋でアメリカ軍と激戦を繰り広げることになります。

 さて、この真珠湾攻撃は、数々の映画で題材としても扱われています。特に有名なのは日米合作で1970(昭和45)年に公開された『トラ・トラ・トラ!』でしょうか。この映画で忘れてはいけないのが、零戦21型や九七艦攻として出演したT-6「テキサン」(以下「テキサン」)という航空機です。

 この「テキサン」、実は映画界では、撮影用の戦闘機を演じる“名優”として有名なのです。

Large 191203 texan 01

拡大画像

2015年に撮影されたT-6「テキサン」。アメリカ ジョージア州ムーディ空軍基地でのパフォーマンス(画像:アメリカ空軍)。

 元々「テキサン」という航空機は1930年代に、アメリカ陸海航空隊向けに開発されたノースアメリカン社製のレシプロ(ピストンエンジンのこと)高等練習機です。第2次世界大戦中はアメリカ軍の練習機として、パイロット育成に従事しただけではなく、連絡、偵察、救難機などにも用いられました。ほかの連合軍の国々でも使われ、最終的には、世界中で1960年代まで使用されています。戦後には、元敵国でもある日本の自衛隊でも練習機などの用途で使用され、戦後の空を担う自衛官のパートナーを務めました。

【写真】航空自衛隊で実際に使用されていた鮮やかな黄色のT-6練習機

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191203 texan 04
  • Thumbnail 191203 texan 01
  • Thumbnail 191203 texan 02
  • Thumbnail 191203 texan 03

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント