「角川61式戦車」どこへ? 宮沢りえ『ぼくらの七日間戦争』で搭乗 元『戦国自衛隊』

宮沢りえさん主演の『ぼくらの七日間戦争』に登場する61式戦車のレプリカ、「原作では登場しない」「『戦国自衛隊』のおさがり」などのエピソードがありますが、その後どうなったのでしょうか。探してみたところ、見つかりました。

実写映画版の戦車 実は原作に一切登場せず

 2019年12月13日(金)より、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』が全国公開されました。実はこの作品、原作となる宗田 理さんが執筆した『ぼくらの七日間戦争』の30年後という設定で、原作と地続きの未来の話だそうです。

Large 191210 61tk 01
映画『ぼくらの七日間戦争』に登場した61式戦車のレプリカ。通称「角川61式」。砲塔を後背面に向けた状態。

『ぼくらの七日間戦争』といえば、1988(昭和63)年に公開され、宮沢りえさんの女優デビュー作として有名な実写映画があります。同作における宮沢りえさんの存在感については語りつくされた感がありますが、レプリカの陸上自衛隊61式戦車もかなりのインパクトを残しています。どのような経緯か劇中では語られないのでわかりませんが、なぜか倉庫で眠っており、宮沢りえさん演じる中山ひとみが「エレーナ」と命名。クライマックスシーンでは子供たちに落書きされた状態で花火の打ち上げ台となりました。これほど目立ちまくっている同車ですが、実は原作には一切登場しない、実写映画版のオリジナル要素です。

 このレプリカの61式戦車についてですが、元々は映画『戦国自衛隊』(1979年〈昭和54〉年公開)用に作られたものでした。同作は角川春樹事務所の製作作品で、ファンのあいだでこのレプリカ戦車は「角川61式」とも呼ばれています。

【写真】見比べてもよく似ている 本物の陸上自衛隊61式戦車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 日本軍の47mm砲にシャーマンが食われたので、米軍は沖縄にM26パーシングを持ち込んでいる。
    交戦の記録はないそうだが、心の眼で見ればパーシングだ。
    それと、角川61式は日系442連隊がテーマのドラマでドイツ戦車も演じている。
    これはパンターかティーガーかな…?
    かなりムリがあるが。