人身事故などで列車止めると賠償金 本当に?どのくらい請求される? 計算上は億単位も

一般の利用者による線路立ち入りや自殺などの人身事故で列車に運休(運転見合わせ)や遅延などの輸送障害が生じた場合、損害賠償は請求されるのでしょうか。鉄道事業者の対応を考えます。

鉄道の「輸送障害」とは何か?

「鉄道の事故」と一口にいっても、その中身はさまざまです。鉄道事業法が定める分類のうち、列車の脱線や踏切事故といった「鉄道運転事故」以外の原因で、運休または30分以上の遅延(旅客鉄道以外の鉄道においては、運休または60分以上の遅延)が発生したものを「輸送障害」といいます。

Large 191218 yusoushogai 01
列車遅延証明書のイメージ(画像:写真AC)。

 この輸送障害には「自殺」や「線路内立ち入り」あるいは「置石」による妨害なども含まれています。国土交通省の2018年度の統計によると、「自殺」による輸送障害は601件でした。毎日1件以上が発生しているという何とも痛ましい結果となっています。

 さて、ここで気になるのは「輸送障害を発生させると、事故後に多額の賠償金が請求されることがある」という噂です。その金額はいくらくらいで、果たして本当に賠償金が請求されるのでしょうか。

 損害賠償金は鉄道事業者が、時間ごとの人件費・他事業者への振替輸送費、車両が損傷した場合にはその修理費などを計算して決めます。朝など利用の多い時間帯や主要駅などで発生し複数の路線が運休になるなどすれば、その分金額は大きくなっていきます。例えば首都圏のターミナル駅や新幹線の事故などで長時間運休させてしまった場合は、億単位の金額が計上されてしまいます。

【写真】駅ホームのベンチ 向きが変わると…?

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 人身事故の話題になると必ず賠償をって話になるけど、法的にはとにかく倫理的には、それを支払わなければならないのは本人やその遺族じゃなくて、自殺に追い込んだ原因の人(学校ならいじめっ子や担任、会社なら同僚や上司など)だよなぁ、と。
    むしろ、そういう人達にキッチリ請求して、「むやみに人を苦しめると後で自分に返ってくる」となれば、苦しむ人が減るはず。
    誰が該当するか、の判断は…遺書があれば容易だけど無い場合は難しい。あくまで一意見です。