東海道・山陽新幹線 乗るのに必要なきっぷ&買い方 スマホネット予約も進化 手軽に

東海道・山陽新幹線に乗るには、「乗車券」のほか「特急券」が必要です。座席を指定したい場合やグリーン車に乗りたい場合は、さらに追加料金を払います。きっぷは駅窓口のほか、券売機やインターネット予約サービスでも購入可能です。

新幹線には「乗車券」と「特急券」が必要

 東海道新幹線の2018年度の年間利用者数は1.7億人、山陽新幹線は8500万人で、合わせると約2.6億人。つまり、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての日本人が年間2回乗車している計算になります。

 また、東海道新幹線のインターネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用する人は全体の約4割、1日20万件以上に達しています。少し前まで、新幹線を利用するには駅できっぷを買うのが当たり前でしたが、ネット予約が主流となる日もそう遠くないかもしれません。

Large 191227 sinkan 01

拡大画像

東海道・山陽新幹線を走るN700系新幹線電車(画像:写真AC)。

 ところで、東海道・山陽新幹線に乗る際には、どんなきっぷが必要なのでしょうか。きっぷの買い方を含めて確認します。

 新幹線に乗る際に必要となるのは、大きく分けて「乗車券」と「特急券」のふたつです。乗車券は、新幹線に乗る区間だけを分けて買う必要はなく、その前後で在来線に乗る場合は、その区間も一括して買うことができます。たとえば、千葉県の千葉駅から奈良県の奈良駅までJRで移動し、このうち東京~京都間で東海道新幹線に乗る場合は、乗車券は千葉~奈良間を購入すればよいということになります。

テーマ特集「【新幹線特集】最新の新幹線事情から運賃・料金、ネット予約、快適移動の乗車術まで徹底紹介」へ

【写真】「エクスプレス予約」の専用ICカード

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191227 sinkan 04
  • Thumbnail 191227 sinkan 01
  • Thumbnail 191227 sinkan 02
  • Thumbnail 191227 sinkan 03

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント