東海道・山陽新幹線 乗るのに必要なきっぷ&買い方 スマホネット予約も進化 手軽に

きっぷは原則1か月前から販売される

 このほか、グリーン車を利用する場合にはグリーン料金が必要となります。新幹線のグリーン車はすべて指定席ですので、特急券と組み合わせて発行されます。

 ところで、東海道・山陽新幹線のきっぷは、いつから買えるのでしょうか。

 確実に座りたいので、3か月先の指定券を買いたい……と思っても、実は無理。JRではごく一部の列車を除いて、きっぷは1か月前の午前10時から発売されます。たとえば3月28日の「のぞみ」に乗りたい場合、きっぷは2月28日の午前10時から購入できるというわけです。1か月前に同じ日がない場合は、その翌日が発売日となるので、たとえば3月31日のきっぷは3月1日から買えます。

 繁忙期の指定席は、発売当日に売り切れることもあります。早めに予定を決め、1か月前に購入の手続きができれば、座れる可能性は上がるでしょう。

テーマ特集「【新幹線特集】最新の新幹線事情から運賃・料金、ネット予約、快適移動の乗車術まで徹底紹介」へ

【写真】「エクスプレス予約」の専用ICカード

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント