消える列車の喫煙席 近鉄特急 700系新幹線 ただ喫煙車はサンライズで存続予定 なぜ?

近鉄が一部の特急にあった喫煙席を廃止し、いま座席でタバコを吸えるのは東海道・山陽新幹線の700系のみです。しかし改正健康増進法の施行で、喫煙席はまもなく見納めになります。今後は喫煙ルームを利用しなければなりません。

最後まで喫煙席があった新幹線700系と近鉄特急

 一昔前まで、鉄道車両の座席でタバコを吸う光景は日常でした。しかし、改正健康増進法の施行に伴い2020年4月1日以降、鉄道や船舶を含む「多数の者が利用する施設」での原則屋内禁煙が義務化されます。そのため、鉄道車両から「喫煙席」が姿を消します。これらの施設では、受動喫煙を防止するための措置が取られた専用喫煙所を除いて、タバコを吸えなくなるからです。

Large 2001121 smoke 01
車内での禁煙を告知するステッカー(2018年1月、恵 知仁撮影)。

 2020年に入った時点ですでに、座席でタバコが吸える列車は、東海道・山陽新幹線の700系電車(8両編成を除く)、近畿日本鉄道の「アーバンライナー」「伊勢志摩ライナー」「さくらライナー」などを除く一部の特急車両のみでした。しかし2月1日(土)から、近鉄が特急車両の座席を全面禁煙化したため、現時点で喫煙席があるのは東海道・山陽新幹線の700系のみ。700系も3月8日(日)に東海道新幹線から、3月13日(金)に山陽新幹線の定期運用から引退する予定なので、法律の施行を待たずに喫煙席はすべて消滅することになります。

 もっとも一般的な感覚からすれば、まだ喫煙車があったのかと驚かれるかもしれません。男性の喫煙率が初めて50%を割ったのは2002(平成14)年のこと。2007(平成19)年には40%、2016年には30%を切るまでになり、どこでもタバコが吸えた時代は遠い過去のものとなっています。

【写真】700系新幹線に3両ある喫煙席

画像ギャラリー

  • Thumbnail 2001121 smoke 04
  • Thumbnail 2001121 smoke 05
  • Thumbnail 2001121 smoke 06
  • Thumbnail 2001121 smoke 07
  • Thumbnail 2001121 smoke 01
  • Thumbnail 2001121 smoke 02
  • Thumbnail 2001121 smoke 03

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 販売員といいますが近鉄の話ではないですよね?

  2. 随分狂った世の中になり果てたものだ。
    一方で「多様性」だの「共生」だのを喚き散らし、強制するのに、一方で喫煙者だけはナチ宜しく平然と迫害する。
    完全分煙化すれば済む話なのに、一体全体どういう思考回路をしているのか、全く理解出来ない。

    • >>完全分煙化
      密閉された喫煙室にどうぞ。

    • 吸いたいんなら喫煙スペースでやれっていう話だから迫害ではなく分離。

  3. 近鉄の「清掃・消臭が終了するまでは、座席を販売しない措置をとっています。」は徹底していますね。他人が喫煙するのは構わないと私は考えているのですが、どうしてもむせてしまうので却って嫌味となります。それと服が臭くなってしまうので訪問先で迷惑だったかもしれません。

  4. 何でもかんでも欧米化で禁止禁止!
    自分と違う事は徹底批判で🔥
    その割に飲酒運転や煽り運転、不正乗車やら引き籠りは無くならない。
    嫌な世の中だね〜

  5. JR西日本の700系16両編成って繁忙期ですらJR東海でアルバイト運用をしてる700系の博総送り込み用の新大阪←→博多1往復設定されてるだけなのに、どこで山陽新幹線内運用するんだ?て気が。