東海道・山陽・九州新幹線「特大荷物」持ち込み予約制に 「バゲッジ160」5月20日開始

事前予約なしで持ち込むと手数料が請求されます。

Large 200310 jrcwqbaggage 01
「baggage160」のロゴ(画像:JR東海)。

 JR東海とJR西日本、JR九州は2020年3月10日(火)、東海道・山陽・九州新幹線の「特大荷物スペースつき座席」のサービス「baggage160(ばげっじ ひゃくろくじゅう)」を5月20日(水)乗車分から開始すると発表しました。

 5月20日(水)以降、縦・横・高さの3辺合計が160cm超~250cm以内の「特大荷物」を東海道・山陽・九州新幹線に持ち込む場合、事前の予約が必要になります。客室の最後部座席が「特大荷物スペースつき座席」として設定され、特大荷物は、その座席と壁のあいだのスペースに置きます。このサービスの料金は、事前予約した場合は発生しませんが、事前予約なしの場合、持込手数料1000円(税込)が請求されます。

 予約は指定席券売機やインターネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」「e5489」「JR九州インターネット列車予約」で可能。列車の検索・選択時に「特大荷物スペースつき座席」を指定します。駅や旅行会社の窓口でも「特大荷物スペースつき座席」を希望する旨を係員に伝えます。予約受付開始は4月20日(月)午前10時からです。

【了】

【画像】「特大荷物スペースつき座席」は指定席券売機でも購入可

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. きちんとした荷物置場を全編成に整備する前に有料化に踏み切るあたりJR東海らしいというか…