前面展望 楽しめなかった国鉄特急電車から大変身したJR車両 381系パノラマグリーン車

見えやすいよう座席にも工夫した381系パノラマグリーン車

 JR西日本の381系パノラマグリーン車は、まず特急「スーパーくろしお」として京都~新宮間でデビュー。1994(平成6)年には追加で改造された車両が、岡山と山陰を結ぶ特急「スーパーやくも」にも投入されました。座席はのちに、2列+1列で横3列のゆったりしたものに交換されましたが、そのヘッドレストは幅を狭くした“特別仕様”で、後ろの列からも前方の景色が見えるように配慮されました。

Large 200221 pano 02
JR東海が改造した特急「しなの」用381系パノラマグリーン車(1989年、恵 知仁撮影)。

 JR西日本は、これ以外にも京阪神と北陸を結ぶ特急「スーパー雷鳥」用として、485系電車改造のパノラマグリーン車も送り出しています。

 これらパノラマグリーン車はいずれもスマートな流線形の前面で、各社のスター的存在として活躍しましたが、老朽化に伴って徐々に姿を消し、現在は特急「やくも」用の車両が残るのみです。なお、JR東海では特急「しなの」から引退したパノラマグリーン車をリニア・鉄道館で展示していましたが、2019年に惜しくも搬出・解体されました。

【了】

【写真】381系特急形電車「大変身前」

Writer: 伊原 薫(鉄道ライター)

鉄道ライター。乗り鉄・撮り鉄のほか、鉄道旅で酒を楽しむ「飲み鉄」や列車を貸し切って遊ぶ「借り鉄」の普及に勤しむ。最近は、鉄道と地域の活性化アドバイザーとしても活動中。好きな発車メロディはJR北千住駅。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント